セミナー情報

今週のセミナー

  • 2022.10.6(木) | セミナー

    ロジックセミナー(15:00--16:30【会場:合同A棟202号室(ハイブリッド形式)】)

    発表者:鈴木 悠大 氏(東北大学)
    題目:On the complexity of fixed point theorem on the Cantor space.
    概要:
    In this talk, I will introduce two viewpoints of complexity of theorems. In Reverse Mathematics, we measure complexities by considering which axiom is needed to prove a theorem. On Weihrauch degrees, we consider how difficult it is to construct a solution for a problem. I will compare them and consider the complexity of the fixed point theorem on the Cantor space from both viewpoints.
    ロジックセミナーの情報はこちら

  • 2022.10.6(木) | セミナー

    応用数理解析セミナー(16:30--18:00【会場:合同A棟8階801室(ハイブリッド形式)】)

    発表者:Vasile Staicu 氏 (University of Aveiro / JSPS Invitational Fellow)
    題目:Existence of solutions to boundary value problems with nonsmooth and multivalued terms
    概要:
    The aim of this talk is to present some methods and tools used in the study of nonlinear boundary value problems involving multivalued maps and nonsmooth functions and illustrate those methods with some recent results concerning existence and multiplicity of solutions.
    応用数理解析セミナーの情報はこちら

  • 2022.10.7(金) | セミナー

    確率論セミナー(15:30--17:00【会場:合同A棟801室】)

    発表者:阿部 圭宏 氏(東北大学大学院理学研究科)
    題目:条件付き2次元ランダムウォークと2次元random interlacementsのカップリング
    概要:
    2次元離散トーラス上の単純ランダムウォーク(SRW)を被覆時間の定数倍時刻まで走らせたとき,SRWがまだ訪問していない点(late point)はクラスターを形成することが知られている(Dembo-Peres-Rosen-Zeitouni '06, 岡田 '19) .このlate pointまわりの様子を調べる1つの方法として,2次元random interlacementsと呼ばれる確率モデルが導入された(Comets-Popov-Vachkovskaia '16) .このモデルは,原点に到達しないように条件づけられた多数の2次元格子上のSRWの軌跡を用いて構成される.Comets氏らは実際, late pointと2次元random interlacementsのある関係を示した.本講演では,Comets氏らの結果をより強め, 両者のカップリングを構成できることを報告する.証明の鍵となるのはsoft local timeの方法(Popov-Teixeira '15)である. 時間が許せばこのカップリングを応用してlate pointの個数に関してある評価が得られることも報告したい.
    確率論セミナーの情報はこちら


来週以降のセミナー

  • 2022.10.11(火) | セミナー

    幾何セミナー(15:00--16:30【会場:オンライン】)

    発表者:Dylan Allegretti 氏 (清華大学)
    題目:Teichmüller spaces, quadratic differentials, and cluster coordinates
    概要:
    In the late 1980s, Nigel Hitchin and Michael Wolf independently discovered a parametrization of the Teichmüller space of a compact surface by holomorphic quadratic differentials. In this talk, I will describe a generalization of their result. I will explain how, by replacing holomorphic differentials by meromorphic differentials, one is naturally led to consider an object called the enhanced Teichmüller space. The latter is an extension of the classical Teichmüller space which is important in mathematical physics and the theory of cluster algebras.
    幾何セミナーの情報はこちら

  • 2022.10.13(木) | セミナー

    ロジックセミナー(15:00--16:30【会場:合同A棟202号室(ハイブリッド形式)】)

    発表者:竹田 侑人 氏(東北大学)
    題目:Ramsey’s Theorem and Recursion Theory
    概要:
    Jockuschの論文「Ramsey’s Theorem and Recursion Theory」の二つの主結果について解説する.この論文はラムゼーの定理と計算可能性理論の関係について論じている.主結果は,ある再帰的分割で,いかなる均質な無限集合も$\Sigma_{n}^{0}$集合としてとれないこと,任意の再帰的分割に対して,ある均質な無限集合を$\Pi_{n}^{0}$集合としてとれることである.

    References :
    Carl G. Jockusch, Jr."Ramsey's theorem and recursion theory" The Journal of Symbolic Logic Vol. 37, No. 2 (Jun., 1972), pp. 268-280.
    ロジックセミナーの情報はこちら

  • 2022.10.13(木) | セミナー

    応用数理解析セミナー(16:30--18:00【会場:合同A棟8階801室(ハイブリッド形式)】)

    発表者:可香谷 隆 氏 (室蘭工業大学)
    題目:Long time behavior for a curvature flow of networks with the effect of lattice misorientations
    概要:
    本発表では, 結晶格子の方位差のパラメータを導入した, 曲率流に対するネットワーク解を考察する. 上記の曲率流は, Kinderlehrer-Liu (' 01) により, 方位差に応じた表面張力を重さとして持つ, 曲線の長さの和をエネルギー汎関数とした時のエネルギー消散の観点から導出されている. 本発表では, 初期値問題に対する解の可解性と, 上記のエネルギー構造に基づいた解の長時間挙動に関する結果を紹介する. 特に, 解の長時間挙動の解析においては, 古典的な曲率流で用いられている曲率評価を得るためのエネルギー不等式に加え, 方位差パラメータに関する減衰評価が必要となるため, その点についても解説する.
    なお, 本発表は, 水野将司氏(日本大学) と高棹圭介氏(京都大学) との共同研究に基づく.
    応用数理解析セミナーの情報はこちら

  • 2022.10.14(金) | セミナー

    代数セミナー(15:00--16:30【会場:オンライン形式で開催】)

    発表者:大川 領 氏(大阪公立大 / RIMS)
    題目:Residue formula for flag manifold of type $A$ from wall-crossing
    概要:
    旗多様体を枠付き箙表現のモジュライとして構成する。このモジュライ空間の壁越え現象を望月拓郎氏の開発した手法により解析する。結果として, 旗多様体間の旗を忘れる射影によるK群の押し出しを留数で計算するZielenkiwicz-Weberによる公式に別証明を与える。

    ※本セミナーに関する連絡先:長谷川 浩司

  • 2022.10.21(金) | セミナー

    応用数理解析・確率論合同セミナー(16:30--18:00頃【会場:合同A棟8階801室(対面のみの開催)】)

    発表者:Julian Tugaut 氏 (Université Jean Monnet)
    題目:From the system of interacting particles to the granular media equation: long-time behavior and exit-time.
    概要:
    We start from the mean-field system of interacting particles. By propagation of chaos, we derive the McKean-Vlasov diffusion then the associated PDE that is to say the granular media equation. The two questions that we are interested in are the long-time behavior (existence and uniqueness of invariant probability measures and convergence towards this steady state) and the first exit-time from some open domain. The two questions are strongly related without interaction and we will see that the same occurs with the nonlinear diffusion and the nonlinear PDE. First, we will study the existence and uniqueness (or thirdness) of the steady state(s). Proofs will be given about the thirdness of the invariant probability measures. Then, we will give the main results concerning the convergence and the exit-time in the nonconvex landscapes case. Finally, we will discuss some intuition about the basins of attraction in the small-noise limit.
    応用数理解析セミナー 確率論セミナー

  • 2022.10.24(月) | セミナー

    OS特別セミナー(13:00--15:00【会場:川井ホール】)

    発表者:藤井 幹大 氏 (九州大学)
    題目:圧縮性回転流体方程式の臨界Besov空間における可解性
    概要:
    本講演では,回転座標系における圧縮性Navier-Stokes方程式の初期値問題を考察する.回転座標系では運動方程式の加速度部分にCoriolis力を表す0階の歪対称線形項が加わることが特徴的な点である.本講演では,このCoriolis力による分散性と圧縮性流体が持つ音波による分散性によって,回転速度が十分大きくMach数が十分小さい場合は,任意有限時刻まで解を延長できることを臨界Besov空間の枠組みで証明する.また,圧縮性回転流体が有している,時間大域解を構成することの困難点についても述べる.本研究は渡邊圭市氏(早稲田大学)との共同研究に基づく.
    応用数理解析セミナーの情報はこちら

  • 2022.10.27(木) | セミナー

    応用数理解析セミナー(16:30--18:00【会場:合同A棟8階801室(ハイブリッド形式)】)

    発表者:福泉 麗佳 氏 (東北大学 大学院情報科学研究科)
    題目:Two dimensional Gross-Pitaevskii equation with space-time white noise
    概要:
    We consider the two-dimensional stochastic Gross-Pitaevskii equation, which is a model to describe Bose-Einstein condensation at positive temperature. The equation is a complex Ginzburg Landau equation with a harmonic potential and an additive space-time white noise. We study the global well-posedness of the model using an inhomogeneous Wick renormalization due to the potential, and prove the existence of an invariant measure.
    応用数理解析セミナーの情報はこちら

  • 2022.11.11(金) | セミナー

    代数セミナー(15:00--16:30【会場:オンライン形式で開催】)

    発表者:Mikhail Bershitein 氏(IPMU)
    題目:TBA
    概要:

    ※本セミナーに関する連絡先:長谷川 浩司


2022年度

過去の記録



ページトップへ戻る