セミナー情報

今週のセミナー

  • 2017.3.2(木)| セミナー

    代数セミナー(13:30--16:45【会場:数学棟305】※2講演あります。)

    (1)13:30--15:00
    講演者:石川 勲 氏 (京都大学大学院理学研究科)
    題目:捻じれ3重積p進L関数の構成について
    概要:
    捻じれ3重積L関数とは GL_2/F \times GL_2/Q 上定義される保型表現から定まるL関数 である。ここでF/Qは二次拡大とする。市野氏によってこのL関数の中心値を大域的な 周期積分と局所的な周期積分の積の比で表す公式が知られている。 今回、F/Qが実二次拡大の時に、この捻じれ3重積L関数の中心値を保型形式の肥田変形 に沿って補完する多変数のp進L関数を構成した。このp進L関数の補完公式の証明には 局所的な周期積分を明示的に計算する必要があるが、直接計算は一般には難しく、 計算を簡単にする公式をその過程で証明したので、そのようなことも含め構成の概略を 紹介したい。
    (2)15:15--16:45
    講演者:三上 陵太 氏 (京都大学大学院理学研究科)
    題目:Mumford曲線による射影直線の巡回被覆
    概要:
    ある種の非アルキメデス的一意化を持つ代数曲線をMumford曲線と呼ぶ。Tateによる楕円曲線の非アルキメデス的一意化の高種数の一般化として、Mumford曲線による射影直線の巡回被覆を考える。正標数pでp次巡回被覆のときにその定義方程式を決定したので、その証明を解説する。標数0の場合のBradleyによる先行研究やその他の場合についても言及したい。
    代数セミナーの情報はこちら

  • 2017.3.3(金) | セミナー

    OS特別セミナー(13:00--14:00【会場:合同A棟801】

    講演者:Amru Hussein 氏(Technische Universität Darmstadt)
    題目:Strong $L^p$ well-posedness of the 3D primitive equations



来週以降のセミナー




過去の記録

2016年度

  • 2017.2.7(火) | セミナー

    幾何セミナー(15:00--16:00【会場:川井ホール】※通常と会場が異なります。

    講演者:Zizhou Tang 氏(Chern 数学研究所,北京師範大学)
    題目:Recent progress in isoparametric foliation
    概要:
    The talk will give a survey on our recent works on isoparametric foliation and its several applications(e.g. eigenvalue estimate of laplacian), based on the joint work with J.Q.Ge, C. Qian and W. J. Yan.
    幾何セミナーの情報はこちら ミニワークショップの情報はこちら

  • 2017.2.17(金)| セミナー

    代数セミナー(13:30--16:45【会場:数学棟305】※2講演あります。通常と曜日が異なります。)

    (1)13:30--15:00
    講演者:Federico Binda 氏 (Regensburg大学)
    題目:Towards a motivic homotopy theory without A^1-invariance
    概要:
    Motivic homotopy theory as conceived by Morel and Voevodsky is based on the crucial observation that the affine line A^1 plays in algebraic geometry the role of the unit interval in algebraic topology. Inspired by the work of Kahn-Saito-Yamazaki, we constructed an unstable motivic homotopy category "with modulus", where the affine line is no longer contractible. In the talk, we will sketch this construction and we will explain why this category can be seen as a candidate environment for studying representability problems for non A^1-invariant generalised cohomology theories.
    (2)15:15--16:45
    講演者:Jeng-Daw Yu 氏 (National Taiwan University)
    題目:Irregular Hodge structures and the Künneth formula
    概要:
    We define the irregular Hodge structure as a certain connection on the projective line. We explain the proof of the Künneth formula for the de Rham cohomology of exponentially twisted Hodge modules. This is joint work with Claude Sabbah.
    代数セミナーの情報はこちら

ページトップへ戻る