専攻長からの挨拶



 日本を除く主要国では数学という学問の有用性・重要性が一般に認識されています.数学と他分野の融合に関する多くの国家プロジェクトがあり,産業界でも数学者が活躍しています. たとえばアメリカでは,(主に企業に勤めている)数学者は非常に人気の高い職業で,人気の職業ランキングでは1位となっています.他方,日本では一般に数学が役に立つとはそれほど思われておらず,長らく「忘れられた科学」とされてきました.しかし最近になってようやく現実の様々な問題に対して数学がいかに有用であるかが認識されつつあります.

東北大学では伝統的には純粋数学を主として研究を行ってきましたが,最近では純粋数学の研究の伝統を生かしつつ数学の他分野への応用についても力を注いでいます.よい応用研究のためには質の高い純粋数学の研究が欠かせません.これからも高い志をもって,純粋と応用両面の研究・教育に励んでいきたいと考えております.いよいよ複雑化する現代の情報化社会では,数学の必要性は益々高まっていくだろうと推察されます.数学教室では数学の研究者のみならず,そのような社会で数学を武器として活躍できる人材を育てるべく努力しております.

去年の12月には地下鉄も開通し,全学教育の行われる川内キャンパス,および数学科・ 数学専攻のある青葉山キャンパスへのアクセスが格段に速く快適となりました.オープン キャンパスなどの催しも行っておりますので,是非一度足を運んでみられてはいかがでしょうか?これからもよろしくお願いいたします.

2016年4月1日

                                       数学専攻長・学科長
                                            塩谷 隆


ページトップへ戻る