岩渕 司【Iwabuchi Tsukasa】准教授

研究分野

実解析学、偏微分方程式論

研究対象

 実解析学を基にしてナヴィエ-ストークス方程式やシュレディンガー方程式といった 非線形偏微分方程式の解の性質について研究しています。これらの方程式の解は、一意的に 存在して初期値などの与えられたデータに対し連続的に依存するものと期待されます。 この様な基本的で重要な性質が成り立つかどうか、成り立つならば解の挙動はどの様に 記述されるかを関数解析的な手法で研究しています。また、関数空間論にも 興味を持っており、様々な領域における関数の取り扱いについて研究しています。

研究指導にあたって

 始めは実解析学や関数解析学を基にして偏微分方程式の基礎理論を理解することが目標 です。その後、論文を読んで理解し自ら問題を見つけられる様になることが重要です。 また定理の証明で理解したことや理解できなかったことについて言葉に出して きちんと説明できるようになることも大切です。課題に向き合い積極的に取り組むことを 期待します。

備考

個人のホームページ
研究室
電 話  
E-mail

ページトップへ戻る