花村 昌樹【Hanamura Masaki】教授

研究分野

代数的サイクル、コホモロジー理論、モティーフなど

修士課程の指導方針

 4年からM1のはじめは、まずホモロジー代数、代数多様体とスキーム論、層とコホモロジー、複素多様体についての確か な基礎をもつことを勧めます。これらは何をやるにせよ必要です。それ以外に自分で勉強の範囲を広げ問題を考えること。自分で何をどこまで理解しているか、 どのような問題意識を持っているかをいつも自覚してください。(定期的に報告を提出してもらいます。)各自で計画を立て、進行状況はどのようか把握するこ と。代数幾何の最小限を学ぶとき、セミナーで扱えるのは小さな部分であり、ほとんどの部分は自分で勉強することになります。

備考

個人のホームページ 花村昌樹のホームページ
研究室 数学棟506
電 話  
E-mail hanamuramath.tohoku.ac.jp

ページトップへ戻る