NAME

  CGI_Board Archive - Archive of Web BBS's and libraries for Perl5

  Version: 0.74 (beta test version)
  Date: Mon Aug 26 16:24:20 JST 2002


Copyright

  Copyright (c) 1998-2002 KUROKI Gen <kuroki@math.tohoku.ac.jp>
  All Rights Reserved

Permission to use, copy, and distribute the present archive is hereby granted, only providing that the copyright notice above, this permission, and the NO WARRANTY notice bellow appear in all copies and in supporting documentation.

著作権と無保証の宣言を表示する限り、自由に使用・コピー・配布して構いません。


NO WARRANTY

THERE IS NO WARRANTY FOR THE PROGRAMS AND THE DOCUMENTS IN THIS ARCHIVE.

このアーカイブに含まれるファイルの品質は全て無保証です。自分自身の責任のもと でお使い下さい。


Location

このアーカイブは次の URL で配布されている:

  http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/pub/CGI_Board/
  http://zakuro.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/pub/CGI_Board/

内容はどちらも同じである。前者の URL の方がわかり易いが、後者のサーバーの方 が軽いはず。


Contents

このアーカイブの内容は以下の通り。

この文書:

  00REDME-j.pod  - pod 形式のこの文書
  00REDME-j.html - HTML 形式のこの文書

使い方のヒント:

  00Tips-j.pod  - pod 形式の文書
  00Tips-j.html - pod 形式の文書

Perl5 ライブラリー:

  CGI_Board.pm   - CGI と掲示板を扱うための Perl5 module
  CGI_Board.html - そのマニュアル

  CGI_Board/Misc.pm   - CGI_Board のための雑多な函数の Perl5 library
  CGI_Board/Misc.html - そのマニュアル

  sample/ - CGI_Board module を使った sample scripts

  jcode.pl - Perl library for Japanese character code conversion

CGI_Board.pm と CGI_Board/Misc.pm は自前で作成したが、 jcode.pl は Kazumasa Utashiro さん作である。 jcode.pl の copyright notice を Acknowledgments に 転載しておいた。

ウェブ掲示板システム:

  BBS/    - CGI_Board libraries を使って構築された複雑な掲示板システム
  Config/ - 掲示板設定ファイルの例
  RENTAL/ - 無料掲示板レンタル・サービス用のスクリプト集
  utility/  - 掲示板のログの変換スクリプトなど

  simplebbs/ - CGI_Board libraries を使って構築された単純な掲示板システム

他の方々の貢献:

  contrib/ - 他の方々の貢献 (Config/ にあるもの以外)

痕跡:

  obsolete/ - 様々なテストの痕跡


CGI_Board.pm

CGI_Board.pm は CGI フォームデータと掲示板を扱うための Perl5 module である。

GET method における QUERY_STRING 変数の解析はもちろん、 POST method における

  application/x-www-form-urlencoded

および

  multipart/form-data

の両方に対応している。 multipart/form-data に対応しているので、ファイルのア ップロードの CGI を書くために利用できる。しかも、同一の name に対して複数の value が対応していても大丈夫である。

例えば、

  use CGI_Board;
  $cgi = CGI_board->new;
  $cgi->parse_formdata;
  $cgi_value = $cgi->last_value_index;
  $value_of_item = $cgi_value->{'item'};

のように使用できる。

もちろん、 CGI_Board の機能はこれだけではない。ウェブ掲示板を作成するために、 多くの機能が追加されている。詳細については CGI_Board.html を読んで欲しい。


CGI_Board/Misc.pm

CGI_Board.pm の補助として作成された Perl5 module である。例えば、

  use CGI_Board::Misc.pm;
  print localdate('J'), "\n";
  print quotehtml("<big>hoge</big>"), "\n";

のように利用すれば良い。詳細については CGI_Board/Misc.html を読んで欲しい。


BBS/BBS.cgi

CGI_Board のサンプルとして作成したウェブ掲示板 CGI Perl5 script である。

その主な特徴は以下の通り。

(1) 1つのスクリプトで複数の掲示板を運営できる。

(2) 各々の掲示板ごとに所有者のパスワードを設定できる。掲示板の所有者は投稿さ れた記事の削除や修正を自由にできる。この機能を利用して掲示板を他人に貸し出す ことができる。

(3) さらに、各々の掲示板のスタイルを掲示板設定ファイルによって、かなり自由に 変更できる。このアーカイブ内の Config/ の下にサンプル設定ファイルが置いてあ る。その記述能力はかなりのもので、すでに存在する多くの掲示板の真似をすること さえ可能である。

(4) スレッド形式の目次の作成が可能であり、記事の検索もある。記事の検索はファ イル単位ではなく、記事単位で行なわれ、検索結果を記事の索引もしくは記事そのも ので出力させることができる。さらに、記事や目次や検索結果は、通常時刻と逆順に 表示されるが、それを時刻の順に表示させることもできる。

(5) CGI ではなく、 HTML ファイルに直接アクセスすることによって、掲示板を読む ことができる。単に記事を読むだけのために、 CGI を起動するのは CPU の無駄遣い である。実際、サーバーが混んでいる場合は処理が不愉快なくらい重くなる場合もあ る。この掲示板システムなら、そのような問題はない。

詳細については BBS/BBS.html および Config/00README-j.html を読んで欲しい。

この掲示板システムの運用例を見たければ、

  http://zakuro.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/support/

にある CGI_Board サポート掲示板システムを覗いてみれば良い。


Acknowledgments

漢字コード関係の処理は全て jcode.pl によっている。作者の Kazumasa Utashiro に 感謝する。以下は jcode.pl の copyright notice である。

  jcode.pl: Perl library for Japanese character code conversion

  Copyright (c) 1995-1999 Kazumasa Utashiro <utashiro@iij.ad.jp>
  Internet Initiative Japan Inc.
  3-13 Kanda Nishiki-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 101-0054, Japan

  Copyright (c) 1992,1993,1994 Kazumasa Utashiro
  Software Research Associates, Inc.

  Use and redistribution for ANY PURPOSE are granted as long as all
  copyright notices are retained.  Redistribution with modification
  is allowed provided that you make your modified version obviously
  distinguishable from the original one.  THIS SOFTWARE IS PROVIDED
  BY THE AUTHOR ``AS IS'' AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES ARE
  DISCLAIMED.

  Original version was developed under the name of srekcah@sra.co.jp
  February 1992 and it was called kconv.pl at the beginning.  This
  address was a pen name for group of individuals and it is no longer
  valid.

  The latest version is available here:

          ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/IIJ/dist/utashiro/perl/

  $rcsid = q$Id: jcode.pl,v 2.11 1999/12/26 17:16:47 utashiro Exp $;
  jcode.pl: Perl library for Japanese character code conversion


History

Date: 2002.08.26 (Version 0.74)
CGI_Board/Misc.pm で定義されている check_html にクロスサイトスクリプティング対策のコードを追加した。 BBS/BBS.cgi の中の $Default_Forbidden_Patterns の定義に style 属性を禁止するようにするコードを追加した。

Date: 2001.05.22 (Version 0.73)
CGI_Board/Misc.pm で定義されている conv_code をコード変換する前に \x03 = ^C を削除するように変更した。 BBS.cgi を使用していて発生する文字化けの大部分は余計な ^C が記事のデータの中に挿入されてしまった場合である。この変更によってそのような文字化けが起こらなくなったはず。

梱包してある jcode.pl を 2.13 にバージョンアップした。

Date: 2001.05.12 (Version 0.72)
BBS/BBS.cgi の内容を変更して、掲示板管理のためにパスワードをしつこく何回も入力せずに済むようにした。

Date: 2001.01.13 (Version 0.71)
CGI_Board/Misc.pm で定義されている macroexpand に新しいマクロ %{SQUOTE|item} の機能を追加し、 utility/goto.cgi を追加した。 %{SQUOTE|item} は %{item} 内の & < > `` をクォートし、 % # + ? をそれぞれ %25 %23 %2B %3F に変換したものになります。例えば、掲示板設定ファイルの中で次のように使えば良い:

  %{IF|url|<a href="goto.cgi?%{SQUOTE|url}">%{PLAIN|url}</a>|}

Date: 2000.10.24 (Version 0.70)
CGI_Board/Misc.pm で定義されている函数 quotequot, unquotequot の仕様を変更した。 quotequot は & < > `` を &amp; &lt; &gt; &quot; に変換するだけではなく、改行 \n を &#10; に変換するようになった。このように変更した理由は HTML 4.0 以降では属性値の中の改行は無視するようになったからです。

Date: 2000.09.01
RENTAL/ 以下を更新した。 00Tips-j.* に Virtual Avenue の httpd がシンボリック・リンクをたどるように設定する方法を追加した。

Date: 2000.05.16 (Version 0.69)
http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/support/cgi_board0000.html#cgi_board20000516000227 で Ogre さんに以下の不具合を修正して頂いたので、それと同等の変更を BBS.cgi に施した: (1) インストールディレクトリやConfig ディレクトリの作成に失敗した場合、 $cgi がセットされる前に print_and_die() がコールされるため実行時エラーとなる。 (2) $BBS_Board_Dir$BBS_Board_Dir_URL の値が異なる場合、検索結果の記事へのリンクが正しく生成されない。

00Tips-j.* を追加した。

Date: 1999.12.28
jcode.pl を v 2.11 にバージョンアップした。

Date: 1999.11.01
CGI_Board/Misc.pm で定義されている Access Control Script の機能に ! (NOT 演算子)を追加した。 CGI_Board/Misc.html の「allow と deny で使用可能なパターン」に説明あり。

Date: 1999.09.26
CGI_Board.pm の 1440 行目の close を closedir に修正した。これは恥ずかしいミスである。

CGI_Board/Misc.pm 内の check_html() (407 行目) を修正して、タグの中の ``'' (もしくは '') で囲まれた部分の中に ' (もしくは ``) が含まれていてもエラーが出なくなるようにした。例えば、修正前では <a href=''don't_access.html``>Don't Access</a> でエラーが出るのだが、修正後は出なくなった。

symlink() を使えない (もしくは使いたくない) 環境のためのパッチ nosymlink.diff を追加した。 patch < nosymlink.diff とすると、 BBS/BBS.cgi, CGI_Board.pm, CGI_Board/Misc.pm の 3 つのファイルにパッチがあたる。これは、試しに作ってみたものであり、まだ十分にテストもしていない。今後、真面目にサポートしない予定である。

Date: 1999.09.20 (Version 0.68)
BBS/BBS.cgi に check_bbslock() を付け加え、掲示板システム全体をロックする機能を追加した。ロックされた状態では、新たに記事を投稿したり、掲示板の設定を変更したりできなくなる。。ロックするためには掲示板ファイルが置いてあるディレクトリーに BBS.LOCK という名のファイルを作れば良い (中身は何でも良い)。例えば、 /home/name/public_html/bbs/ に掲示板システム全体を置いてあるならば、 /home/name/public_html/bbs/BBS.LOCK を作成すれば良い。ロックを外すにはそのファイルを削除すれば良い。この機能の説明もまだ BBS.pod に追加してない。

金子真樹氏による contrib/mkaneko/ 以下をバージョンアップした。汎用マクロ展開モジュール ExpandMacro.pm のマニュアル ExpandMacro.pod などが追加された。

Date: 1999.09.17
BBS/BBS.cgi に、広告バナーのためのコード、ディスク・スペースをチェックするためのコード、 $board_id.html から $board_id.bin へのシンボリック・リンクを生成するコードを追加した。最後のシンボリック・リンクのコードは $board_id.bin への HEAD リクエストで更新時刻を取得できるようにするための quick hack である。それらはコメントアウトされているので、コメントを外すと有効になる。面倒なのでまだそれらの説明を BBS.pod に追加してない。

BBS/cgi-bin.diff を更新した。更新する前のそれはバグっていたことが判明。

Date: 1999.09.11 (Version 0.67)
金子真樹氏から、設定ファイルの記述およびマクロ機能を大幅に機能強化してくれるパッチが届いたので、 contrib/mkaneko/ を追加した。その中に含まれるファイルの利用規定などに関しては、作者の金子真樹氏 s98m08@math.tohoku.ac.jp に問い合わせること。内容の詳細については contrib/mkaneko/00README.txt を読んで欲しい。強化されたマクロ機能を用いた掲示板設定ファイルの例 (contrib/mkaneko/*-config.txt) および汎用マクロ展開モジュール ExpandMacro.pm 付き。

RENTAL/Skel*-senne.cgi を更新した。

Date: 1999.06.29
CGI_Board/Misc.pm の check_html() を強化し、 `` と ' の整合性をチェックするようにした。

Date: 1999.06.12 (Version 0.66)
Config/senne*-config.txt を更新した。 CGI_Board/Misc.pm の macroexpand() を強化した。 RENTAL/ 以下を更新した。

Date: 1999.04.28 (Version 0.65)
Config/ に senne2-config.txt を追加し、 nandemo-config.txt を更新した。

CGI_Board/Misc.pm の filelock() 内の symlink(``'', ``$file$suffix'') を symlink(``LOCK'', ``$file$suffix'') に変更した。このようにしておかないとエラーが出るサーバーがあるらしい。 (海法さん、レポートどうもありがとうございます。)

RENTAL/ 以下を更新。

Date: 1999.04.11 (Version 0.64)
utility/safe.cgi を追加した。 Virtual Avenue などで使う場合のセキュリティー向上のための chmod を実行してくれる。

BBS/BBS.cgi に、掲示板設定ファイルの中に SSI の記述を含めることができないようにするコードを追加した。それは 1630行目付近の次の部分である:

  foreach (@item) {
    $config_value{$_} = $cgi_value{'board_' . $_};
    # Forbid SSI in board config files for safety
    $config_value{$_} =~ s,<\!--\#[^>]*>,,g;
  }

もしも、掲示板設定ファイルの中に SSI の記述を含めたければ、これを、

  foreach (@item) {
    $config_value{$_} = $cgi_value{'board_' . $_};
    # Forbid SSI in board config files for safety
    # $config_value{$_} =~ s,<\!--\#[^>]*>,,g;
  }

と変更しなければいけない。しかし、 SSI が使用可能な状態のまま見知らぬ人に掲示板を貸すのは危険であることには注意せよ。一通りの SSI 以外は許したくない場合は例えば次のように変更する:

  foreach (@item) {
    $config_value{$_} = $cgi_value{'board_' . $_};
    # Forbid SSI in board config files for safety
    $config_value{$_} =~ s,<\!--\#(?!exec cmd="\./logwrite")[^>]*>,,g;
  }

これは、 <!--#exec cmd=``./logwrite'' --> 以外の SSI の記述を削除するための設定である。

Date: 1999.04.03 (Version 0.63)
RENTAL/ (無料掲示板レンタル・サービス用のスクリプト集) の内容を更新した。

海法紀光氏作の「簡易BBSファイル変換プログラム」に関する情報が書かれたファ イル contrib/kaiho.html 追加した。

BBS/BBS.cgi に手動で掲示板ファイルを新たにする機能 (new_board_file())を追加 した。例えば、日記などにこの掲示板システムを利用している場合は便利であろう。 現在更新中の掲示板ファイルを過去ログのリストにまわし、掲示板ファイルの番号を 1つ増やして、新たに掲示板ファイルを作成する。作成された新しい掲示板ファイルに は、掲示板ヘッダーと掲示板フッターのみが書き込まれており、記事の欄は空である。

Date: 1999.03.29 (Version 0.62)
マニュアル BBS/BBS.pod に重要な注意を追加した。 <!--InsertBanner--> のような 文字列を掲示板の body tag の下に挿入すると BBS.cgi のデフォルトの設定のまま ではトラブルが発生する。それを回避するためには、 779-780行目あたりに、

  $board->html_bdrhead("<!--*");
  $board->html_bdrfoot("*-->\n");

という設定を挿入すれば良い。ただし、現在使用中の BBS.cgi をこのように書き変 えた場合は掲示板ファイルの方の <!---->, <!--==--> のそれぞれを <!--**-->, <!--*==*--> に書き変えなければいけない。

Date: 1999.03.28 (Version 0.61)
BBS/BBS.cgi 内の update_current_board_style() を改良して、掲示板ファイルの番 号として最大のものに選び、掲示板ログファイルの番号をそれに同期させるようにし た。それに合わせて、 CGI_Board.pm 内の board_check_current() を修正した。

例えば、掲示板 bbs のファイルとして、 bbs0000.html, bbs0001.html, bbs0002.html が存在し、 bbs.html が bbs0000.html へのリンクになっているとき、 Update Current Board Style を実行すると、 bbs.html は bbs0002.html へのリンクに変更 され、さらに bbs-log.cgi は bbs0002-log.cgi へのリンクになる。そのとき bbs0002-log.html が存在しなければ、空の bbs0002-log.html を新たに作成する。

ただし、注意しなければいけないのは、そのとき、 bbs0002.html の内容が変更され てしまうことである。 bbs0002.html をそのまま変更せずにそのままにしておきたい 場合は、新たに空のファイル bbs0003.html を作成しておけば良い。このようにして おけば、 Update Current Board Style を実行すると、 bbs.html, bbs-log.cgi は それぞれ bbs0003.html, bbs0003-log.cgi へのリンクになり、空だった bbs0003.html には掲示板のタイトルなどが書き加えられる。

これによって、他の掲示板の記録を別の掲示板に移すのが容易になったはずである。 これ以上複雑なことをウェブ経由で行ないたい場合はブラウザー経由で shell もど きのことをしてくれる utility/sh.cgi を利用して欲しい。

Date: 1999.03.26 (Version 0.60)
CGI_Board/Misc.pm と BBS/BBS.cgi に任意に指定した文字列を含む記事を投稿できなくするためのコードを追加した。さらに、BBS/BBS.cgi に掲示板の過去ログの削除と自殺の機能を追加した。 (共に海法氏の示唆による機能の追加である。)

Date: 1999.03.25
BBS/BBS.cgi: 掲示板の設定をデフォルトのままで使っていると、 Send Preformatted Text で E-mail address へのリンクがうまく行かないバグを直した。

Config/*-config.txt のパスワードの形式を変更して、 crypt() 函数の結果が異な る OS でもうまく行くようにした(海法氏の指摘による)。

Date: 1999.03.21 (Version 0.59)
CGI_Board.pm の board_check_current() に大きなバグを発見。 /a[0-9]+\.html/ は nya0000.html にもマッチしてしまうので、 /^a[0-9]+\.html$/ としなければい けなかったのだ。このバグが原因で、 nya0000.html が存在するとき、掲示板 a を 作成すると、 a.html が nya0000.html にリンクされてしまうのだ。これはひどいの で、これよりも古い CGI_Board.pm を使っている方はできるだけ置き換えるようにし て下さい。

掲示板自動レンタル用のスクリプトと掲示板設定ファイルを RENTAL/ の下に追加した。

Date: 1999.03.13 (Version 0.58)
池間千音氏がデザインした Config/senne-config.txt を追加した。 Config/nandemo-config.cgi に検索式の入力の仕方の説明を追加した。

BBS/BBS.cgi を変更して、スレッド形式の目次などにうるさい [reply to] を表示し ないようにし、さらにスレッド形式の目次の表示の順番がおかしいバグを直した。

Date: 1999.03.10 (Version 0.57)
CGI_Board/Misc.pm と BBS/BBS.cgi を変更して、 Virtual Avenue (http://www.virtualave.net/) で取得した subdomain.virtualave.net 上で利用で きるようにした。詳しくは BBS/BBS.html を見られたい。

Config/secret-config.cgi を修正して、各記事への reply がうまく行くようにした。

BBS/BBS.cgi を変更して、 /cgi-bin/ のような場所に置き易くした。もとのままだ と修正が大変だった。 (実は、 1998.11.10 に追加した説明では不十分であった。)

BBS/BBS.cgi を変更して、 改行を含む名前や題名を含む記事を削除したり置換した とき、その情報が掲示板のログに残らないバグを潰した。

Date: 1999.03.07
utility/crypt.cgi を追加した。 BBS/BBS.cgi と同様に設置し、アクセスするとパ スワードの暗号化を行なってくれる。

Date: 1999.03.02 (Version 0.56)
CGI_Board/Misc.pm, BBS/BBS.cgi, simplebbs/simplebbs.cgi を $ENV{'REMOTE_HOST'} が空ならば代わりに $ENV{'REMOTE_ADDR'} を使うように改良した。これによって、 各種ログに残るリモートホストの情報が空になることがなくなったはずである。 (apache 1.3.4 で HostnameLookups On にしてある場合はこの措置が必要であった。)

Date: 1999.02.24 (Version 0.55)
BBS/BBS.pod と BBS/BBS.html に追記。

BBS/BBS.cgi の read_board を Last-Modified header を付けるように改良した。

Date: 1999.02.04 (Version 0.54)
BBS/BBS.cgi 内の $group_table の定義が間違っていたのでそれを修正した。

Config/secret-config.txt を微修正し、 Config/club-config.txt を追加した。こ のサンプル掲示板設定ファイルを利用すると、パスワードなどで書き込みできる人を 制限することができる。

Config/secret-config.txt

Date: 1999.02.03 (Version 0.53)
Config/secret-config.txt を追加した。このサンプル掲示板設定ファイルを利用す ると、リモートホストのパターンによって、投稿のみならず、記事の閲覧も制限でき るようになる。

BBS/BBS.cgi 内の函数 board_old_logs が _c=1 (CGI 経由で記事を閲覧)に対応して なかったバグを修正した。

Date: 1999.01.07 (Version 0.52)
Config/*-config.txt: パスワードが説明に書かれているものと違っているという誤 りを修正した。

Date: 1998.12.18 (Version 0.51)
CGI_Board/Misc.pm: 火曜日が Thu と表示される恥ずかしいミスを直した。

BBS/BBS.cgi: HUP, INT, KILL, TERM の signal を無視するコードを削り、もとに戻した。

Date: 1998.11.10 (Version 0.50.1)
BBS/BBS.pod, BBS/BBS.html: BBS.cgi を /cgi-bin/ のような場所に置くための方法 の説明を追加した。全体的に親切な説明とは言えないのだが、もっと詳しく説明しろ、 という要求がない限り、大幅に変更する予定はない。

スクリプトの変更は一切無し。

Date: 1998.11.15
1998.11.10 の事故はどうも BBS.cgi の問題ではなかったようだ。なぜなら、同じよ うな壊れ方をしているファイルが BBS.cgi とは無関係のファイルにも置こっている ことを発見したからである。しかし、その原因は今だに不明である。

Date: 1998.11.10 (Version 0.50)
黒木のなんでも掲示板の方でログが壊れるという事故が発生する。ログの後の方が 0x00 で埋め尽され、最後に <!--==--> が出力されるという症状である。色々試して みたのがだ、同様の事故を再現できない。ひとまず、 HUP, INT, KILL, TERM の signal を無視するように BBS.cgi を変更したのだが、これで良いのだろうか? 原 因がわからないので、真の解決方法もよくわからない。

Date: 1998.11.10 (Version 0.49)
BBS/BBS.cgi: 検索結果や過去ログの index の画面でリンクをクリックすると別の 画面にそれが表示されるようにした。

Date: 1998.11.09 (Version 0.48)
BBS/BBS.cgi: 検索範囲として 23- を指定すると 0-23 の範囲を検索してしまうバグ を潰した。

Date: 1998.11.07 (Version 0.47)
BBS/BBS.cgi: &nbsp; が嫌だという意見があるので、 &nbsp; を全て削除した。

Date: 1998.11.06 (Version 0.46)
BBS/BBS.cgi, Config/nandemo-config.txt, utility/convlogs*.pl: 掲示板ファイル のメニューに「最近の記事」を追加し、それが過去ログに残ったときに、最近の記事 を読みにすぐにジャンプできるようにした。

Date: 1998.11.06 (Version 0.45)
BBS/BBS.cgi: 記事の目次の一行を作るときに、 & < > を不必要にクォートしてしま っていたバグを潰した。

Date: 1998.11.05 (Version 0.44)
BBS/BBS.cgi, Config/*-config.txt: <html><head>を忘れていた部分を直した。

BBS/BBS.cgi: threaded index の画面でリンクをクリックすると別の画面にそれが表 示されるようにした。

Date: 1998.11.03 (Version 0.43)
BBS/BBS.cgi: threaded index を生成するとき、見苦しい無駄な改行を取り除くよう に直した。

utility/convlogs.pl: $replyto の扱いに関するバグを取り、変換した過去ログでも threaded index が生成されるようにした。

Date: 1998.10.31 (Version 0.42)
Config/nandemo-config.txt: 掲示板の一番上に「なんでも2」などへの近道リンク を置くようにした。

Date: 1998.10.30
BBS/BBS.cgi: board_index() を追加し、各掲示板ファイルの目次を表示できるよう にした。

BBS/BBS.cgi, Config/nandemo-config.txt: 記事の入力に input type=``text'' では なく textarea を使うように変更した。

Date: 1998.10.30 (Version 0.41)
BBS/BBS.cgi, Config/nandemo-config.txt, utility/convlogs*.pl: が掲示板の画面 に出なくなるように変更した。その代わりに、 Board Configuration Form 経由で、 掲示板ファイルの編集画面に行けるようにした。また、各記事のヘッダーと本文の間 の短い横線を廃止した。

Date: 1998.10.28
BBS/BBS.cgi, Config/nandemo-config.txt, utility/convlogs*.pl: 管理用のパスワ ードの入力欄が掲示板の一番上に来るようにデザインを変更した。

Date: 1998.10.28 (Version 0.40)
BBS/BBS.cgi: Admin Form と Board Config Form において、パスワードを項目別に 入力するように変更した。このようにしておかないと、無駄な formdata が通信され てしまう。

utility/convlogs.pl: その説明文 (convlogs.html) を少し詳しくした。

Date: 1998.10.27 (Version 0.39)
BBS.cgi を変更し、そのマニュアル BBS.pod を書き上げた。

Date: 1998.10.18-26
Version 0.01-0.38 を作成した。この時点でかなり安定して動作するようになった。