なんでもなんでも2なんでも3書き方注意リンク集ホーム

予備掲示板2 (0013)

記事を書く時刻順目次スレッド検索過去ログ最近の記事

各記事の Id ヘッダー行の # から始まる文字列をクリックすると、その記事自身にジャンプします。その記事自身の URL を知りたい場合に利用して下さい。さらに、括弧の中の reply をクリックするとその記事に返事を書くことができ、 thread をクリックするとその記事を中心としたスレッド形式の目次を見ることができます。

Id: #w20010611123328  (reply, thread)
Date: Mon Jun 11 12:33:28 2001
In-Reply-To: a0072.html#a20010607134754
URL: http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/
Name: ニキ・リンコ
Subject: 社会人の時間は有料(しかもしばしば高価)
まあ別に時間が有料だったり高価だったりするのは社会人にかぎったことではなく、
学生の時間だって有料だとは思うけど。

なにも学生が全員、他人の時間が有料であることを知らないわけではない。学生だ
から頓着しないのじゃなく、学生でいる間は実感する機会と出会う回数が少ないっ
てことなんでしょうけど。

社会人どうしの間で、人が人にものをたずね、相手に時間を使わせ、自分が情報を
得る場合、きかれた側は答えなくたって構わないし、答えるときは、答える側にも
何か得になってることが多い。得と言ったって有形無形さまざまで、「自分は情報
だけ持ってたってそれを実用に応用する力がなかったり時間がなかったりほかに必
要な情報を持ってなかったりで役に立てられそうにないんだから有効に活用できる
人が情報を持ってる方がよろこばしい」と思うこともあるし、説明する過程、ある
いは説明するために改めて知ってることをふり返ったり整頓したりする過程が楽し
いからってこともあるし、何となく頼られて嬉しいってこともあるし、好きな相手
だから接触するだけで嬉しいってこともあるし、人の役に立てることがただ嬉しい
こともあるし、前に逆の立場になって何かを教わったことがあるので恩返ししたい
こともあるし、これから何か教わることもあろうかとってこともあるし、取材など
の場合はこちらも宣伝になったり(書名を入れてもらったり、運が良ければ書影ま
で入れてもらえたり)、自分の意見を言わせてもらえて世に広める器を貸してもら
えたり、そりゃいろいろ。

私だって、人の役に立てるのが嬉しくて質問に答えたりすることは多いけど、それ
だって「人の役に立てる嬉しさ」が自分にとって十分に得になるという判断なのか
もしれない。そして、その嬉しさのために割く時間が多すぎて、本来責任を負って
いる相手への責任を果たせないと思えば、時間を割くのは見送る(つまり、お答え
しない)けど、それは、「既に契約をしてしまっている(これからお金をもらう)
相手」「自分がお世話になり、得をする関係にある相手」「以前、自分がお世話に
なり、得をした経験のある相手」のために時間を使うことを優先させているんだと
思ってる。

学生が指導教官に質問をする場合は、「ビジネスアワー中に、学生の質問に答える
こと」はたぶん、指導教官の業務内容に入ってるんじゃないかと思う(だから、自
分の指導教官じゃない人を、同じように扱うのは変)。私は、学校っていうところ
がどんな場所なのかが把握できる前に学校を続けられなくなってしまったので学校
のことはよく知らないけれど、でも、「もっと調べてからもう一回ききにきなさい」
っていう返事も、きっと指導のうちに入ると思う。もし私がもう一回学校に入って、
学生になったとしたら、この返事はとても役に立つと思うし、場合によってはただ
質問に答えてもらう以上に役に立つと思うから。

自分が学校に行ってたときのことを思い出してみたら、1回1回のレポートが出せ
るか出せないか、1回1回の試験に通るか落ちるかが、生きるか死ぬかの問題みた
いに思えてたものだけど、留年だの不登校だの中退だの何だのを経て仕事をするよ
うになってみたら、そんなふうには感じなくなった。むしろ、学生のときにレポー
ト出せなかった経験だって、留年した経験だって、中退した経験だって、今思えば、
貴重な宝物であったり、せいぜいニュートラルな経験でしかなかったりする。若い
学生さんだって、子どものときにバスに乗り遅れたこととか、ソフトクリームを落
としたことだとかが、今思えばたいしたこととは思えないことってあるでしょう?
「レポートの期限が迫っている」という言葉を、社会人や上級生が耳にしたら、同
じように聞こえるかもしれないってわけです。

「そんなこと人にきくな」っていう説教(なのかな?)だって、「他人への責任を
果たすのに使えるかもしれない時間」を割いて行なわれたという意味では、恵みだ
と思うのです。無視して放置することも削除することもできるんだから。

で、何で私がこんなところでこんなふうに時間を割いているかというと、たまたま
今は締切前ではないことと、うちの日記を読んでる方はご存じだと思うけど、最近、
「学生の宿題」がらみでちょっとイヤな経験したばかりで、自分の頭の整理、気持
ちの整理にあれこれふり返ってみたいという動機があることとで、損を益が上回っ
たから。

Id: #w20010601183501  (reply, thread)
Date: Fri Jun 01 18:35:01 2001
Name: おおまめうだ
Subject: マグヌス?

この掲示板 この掲示板のマグヌスと同一人物? (後者の 6月 1日(金)09時22分13秒 の記事に注目)
Id: #w20010530205133  (reply, thread)
Date: Wed May 30 20:51:33 2001
Name: くろき げん
Subject: 理佳子さんの投稿について

アーク整体院の杉山洋史さんから届いたメールを杉山さんの了解のもとに、一部を伏せ字にした上でこちらに転載しておきます。これで一応事情はわかりました。杉山さんが理佳子さん (仮名) に頼んで例の記事をあちこちに書き込ませたということのようです。

率直に言って、杉山さんからのメールの内容自体がさらに私の不快感を増幅しました。特に「普段、人間のダウン症を治す為に使っていた技術なのです」の一文が。あと細かいことでは、「一生懸命時間を掛けて書き込んだ」と言ってますが、実際には2分半しか掛けていません。おそらく、あちこちに書き込むために時間をかけたということなのだと思いますが。もちろん突っ込みどころはこれだけではない。

ちなみに Google で「杉山洋史」を検索すると、「予言者のkotoba Hoops! サイト」の「談話室の過去ログ」の「[487] 燦陽整体院 投稿者:マグヌス 投稿日:2000/10/19(Thu) 01:27」に杉山洋史さんの名前を発見しました。そこのマグヌズさんが杉山洋史さんのようです。 (実はそちらを見に行くと、下では伏せ字にした住所や電話番号がそのまま書いてあるので、こちらで伏せ字にしたのは無駄になってしまうのですが、その点についても杉山さんの了解を取ってあります。)

ちなみに「[449] 疑う心。 投稿者:マグヌス 投稿日:2000/10/15(Sun) 14:19」には「身体障害者で知能の低下している人の治療中に困ったことが、必ず起こる。それは、疑う心(疑う知恵)が生まれるからだ」と書いてあります。

さて、以下が杉山さんから届いたメールの内容です。

Message-ID: <000901c0e7ea$b1aad3e0$9b0b99d2@arkvba2ba8>
From: "magnus" <ark_@palette.plala.or.jp>
To: <kuroki@math.tohoku.ac.jp>
Subject: 理佳子のこと
Date: Tue, 29 May 2001 11:54:33 +0900

黒木 玄様へ
 すみません理佳子に書き込みを頼んだのはぼくです。
彼女に悪気は無いはずですが、気に入られなかったようですね。
とっても残念です。確かに、検索「進化論 サル」で捜していますが、
ロボットなどに書き込ませては、決していません。
全ては彼女が、一生懸命時間を掛けて書き込んだものです。
 サルに行う予定の技術は全て、人間に対し行われていたものです。
普段、人間のダウン症を治す為に使っていた技術なのです。
 遺伝子病で、設計図(DNA)に欠陥が有ったとしても発病しない
ケースがある事は当然ご存知でしょうか?
もし、設計図に異常が有ったとしても完成した個体が正常ならば、
発病しないのではないか?と、一度でも思った事は無いでしょうか?
一番多く診たのは、筋無力症ですが、それまで立ち上がる事さえも、
困難だった人間が、頭蓋骨の状態を正常に近付けただけで数日後、
走り回れるように成るのです。(知能の回復も、有りました。)
 頭蓋骨の矯正と言っても、たいした事では無いのです。
例えば、設計図通りに作った筈の箱でも、ちょっと曲がっていたりして
蓋が閉まらなかったりしますが、それは簡単に直せます。
それと似たような事が、人間の骨格にも当て嵌まっているのです。
 彼女はぼくの所で、いろんな患者さんが治っていくのを見ています。
ですが、それ以上に治るのに来ない患者さんに心を痛めています。
理由はそれぞれですが、社会復帰が怖くかったり、医者に脅されたり
(ぼくの所に通うなら、家族の診察もしないと言われるのです。)
でも、一番に考えなければいけないのは、ぼくの知名度なのです。
 先日脳性麻痺の少女が来ました。2時間程の施術ですが、
左右の眼の高さを揃え、頭蓋骨の歪みを軽くして置きました。
それ以来引きつりが減って、手足や身体の震えも減ったそうです。
返事も多少するようになって、歓んでいたのですが、もういいそうです。
これ以上回復すると、普段暴れた時に抑えられなく成るからです。
今以上回復させても、引き受け先が無いのそうなのです。
 それでも、ぼくの彼女は多くの人に希望がある事を知って欲しくて、
寝る時間を削って毎日頑張って、有名人にもメールを出してます。
知り合いの作曲家さんの所や政治家の先生の所にも行ったりします。
だから理佳子(本名 ☆☆☆)の事をどうか許してください。
黒木玄様失礼しました。                           
      杉山洋史
〒***-****
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆アーク整体院
電話**-****-****     代表 杉山洋史

こういう方にはどのようにように対処すべきなんですかねえ、個人的にかつ社会的に?


1つ前の記録:予備掲示板2 (0012)


管理者: 黒木 玄  <kuroki@math.tohoku.ac.jp>  (Web Site)
CGI_Board 0.70