なんでもなんでも2なんでも3ひとの顔色書き方注意リンク集ホーム

逃げちゃダメかな (0008)

記事を書く時刻順目次スレッド検索過去ログ最近の記事

各記事の Id ヘッダー行の # から始まる文字列をクリックすると、その記事自身にジャンプします。その記事自身の URL を知りたい場合に利用して下さい。さらに、括弧の中の reply をクリックするとその記事に返事を書くことができ、 thread をクリックするとその記事を中心としたスレッド形式の目次を見ることができます。

Id: #c20000815195600  (reply, thread)
Date: Tue Aug 15 19:56:00 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000812171606
Name: くろき げん
Subject: bit 2000年9月号?

志村さんの「直感論理、Saul Kripki」ってのは bit の2000年9月号の話ですよね。それに該当しそうな記事は一つしか見当たらないな。もしもその記事の内容に関して紹介をして下さる奇特な方がいらっしゃるのであれば、掲示板 a, b, e のどれかに書いて頂ければ嬉しいです。

お! あ伊藤さん自身による「ページャ兼テキストベースWWWブラウザ“w3m”」の紹介が載っているじゃあないですか。


Id: #c20000814023113  (reply, thread)
Date: Mon Aug 14 02:31:13 2000
Name: はまだ
Subject: とうもろこし臭い
コーヒーに付いてくるミルクもどきは、とうもろこし臭いのでコーン油を乳化させただけじゃないかと思うんだが、
(製品表示では植物油とだけ表示)なんであんなもんを入れるのか長年不思議に思ってます。

Id: #c20000814003933  (reply, thread)
Date: Mon Aug 14 00:39:33 2000
Name: ぎょうこ
Subject: 加工乳にもならない
クロテッドクリームが余ってもったいないので、
水に溶かして飲もうとしたんですけど、溶けませんでした。
私は今でも貧乏なので、次はお湯に溶かしてみようとしているところです。

Id: #c20000813230132  (reply, thread)
Date: Sun Aug 13 23:01:32 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000804145902
Name: こなみ
Subject: 加工乳

以前は喫茶店のコーヒー用のミルクというと,無糖のコンデンスミルクが醤油の小出し みたいに置かれていて,それを入れる方式が多かったので, コーヒーを飲んだ後,お冷やにそのコンデンスミルクを入れ,ついでに砂糖を入れて, 砂糖入りの加工乳にして飲むというのをよくやってました。栄養補給です。学生時代はビンボウ だったな。

今はコーヒー用のミルクは,スジャータ(名酪ですね)などの5 mL のパッケージに なってしまい,その分量では栄養の足しにもならないし,かといってコーヒーには 砂糖しか入れないもので,いつも手付かずになってしまうのでした。


Id: #c20000812171606  (reply, thread)
Date: Sat Aug 12 17:16:06 2000
Name: 志村立矢
Subject: 直感論理、Saul Kripki

このレベルの表記が複数あるような文章が掲載されているのは
なぜだろうか。これは書き間違えることのないような単語を間
違えてみせることで、この文章自体が何かのパロディであるこ
とを知らせているに違いない。

# 『bit』を久しぶりに買った理由は、もちろん別にあります。

Id: #c20000804145902  (reply, thread)
Date: Fri Aug 04 14:59:02 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000713134528
Name: かも ひろやす
Subject: 無糖煉乳+ミネラルウォーター

余った無糖乳煉をミネラルウォーターで割って飲んだら、ただの加工乳でした。
Id: #c20000803202156  (reply, thread)
Date: Thu Aug 03 20:21:56 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000803175616
Name: かしわぎ
Subject: 遠い目
とある課の報告書に、その課が去年まとめた報告書を切り貼りして出してもばれなかったことがあったなあ・・・
で次の年もやったら、そんときはばれてえらい険悪な雰囲気になったこともあったなあ・・・
役所の人に「金返せ!」っていわせたんだもんなあ・・・

#これはフィクションです(とおまじないを少々)

Id: #c20000803175616  (reply, thread)
Date: Thu Aug 03 17:56:16 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000803141159
Name: 黒猫の母
Subject: 日本の伝統芸がまた一つ消えてゆく・・・
日本(特に霞ヶ関)方面の宿題は「切り張り」です。
黒猫の母が新人のころはまだ糊と鋏でやっていました。
コピー機の拡大と縮小を使い分けてフォントの大きさを揃えるなんて
技もありましたわ(遠い目)

通○省の知り合いのルポは
「せ」=「世界に貢献する日本経済」
「わ」=「我が国の通商政策の根本は」
などの単語登録がしてありましたっけ(遠い目)


Id: #c20000803162028  (reply, thread)
Date: Thu Aug 03 16:20:28 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000803102029
Name: 鴨 浩靖
Subject: Re: 無限世界

著者が暑さで融けているため、難航しています。気長にお待ちください。
Id: #c20000803141159  (reply, thread)
Date: Thu Aug 03 14:11:59 2000
Name: 山形浩生
Subject: なんでも1の書き込みに託す思いなど

通X省と建X省の課題が出たんですけどIT革命のレポート
どなたか自分が書いた物でも良いのでtxtで送ってくれたら嬉しいです
ITがえらいということに関することなら何でもOK
レポート用紙5枚分位で参考にした資料名も書いていただくと、
ありがたいです

ちなみに今社会人コンサルです

……というのは実際にかなりあったりする事態なんだよなー。あんまり人のこと笑えなかったりして。


Id: #c20000803102029  (reply, thread)
Date: Thu Aug 03 10:20:29 2000
Name: やぎ
Subject: 無限世界

森山さんが今週の Popular Science Node

弊誌では科学に関する寄稿をお待ちしております。いや本当に。
現在、小島美夏さんからご投稿頂いてますが、他の方々からのご投稿も、
心よりお待ちしております。

なんて書いてるのを見て、鴨さんの「黒木さんの連続体仮説の解説は陳腐だから、こっちで勝手に引き継いでやる」計画はその後どうなっているのかちょっと思い出した俺です。いや、ほんと、催促じゃないです。読みたいなあ。


Id: #c20000713134528  (reply, thread)
Date: Thu Jul 13 13:45:28 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000713103232
Name: かも ひろやす
Subject: 煉乳(表記を変更しました)

コーヒーなどに入れて飲むためでした。

1,3,4は、日持ちが、生クリーム<無糖煉乳<加糖煉乳 だからです。

2は、ある意味でひっかけかもしれません。クリープは森永乳業製で、私は、砒素ミルク事件の記憶で「森永」ブランドへの恐怖感を植えつけられているので、それで対象外なんです。ブランドへの恐怖感は不買運動ではありませんので、対象メーカーが改心しても解消しないのです。


Id: #c20000713103232  (reply, thread)
Date: Thu Jul 13 10:32:32 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000711160621
Name: こなみ
Subject: ピンポンとかブーとか

 ヒントのあとしばらくになることだし,そろそろ答えをお聞きしたいですな。(答えないほうが意気だったりするか)
Id: #c20000713054530  (reply, thread)
Date: Thu Jul 13 05:45:30 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000712095650
Name: 海法 紀光
Subject: ぱう゛

 PSゲームのほうじゃないでしょうか?
 あれなら英語版も出ています。
Id: #c20000712120528  (reply, thread)
Date: Wed Jul 12 12:05:28 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000711160621
Name: かしわぎ
Subject: もしくは

ここに参加したかった。
Id: #c20000712095650  (reply, thread)
Date: Wed Jul 12 09:56:50 2000
Name: やまがた
Subject: みとこん

これって パラサイトイヴの影響かしら。英訳されたっけ?
Id: #c20000712004831  (reply, thread)
Date: Wed Jul 12 00:48:31 2000
Name: こ☆☆老人@教養人
Subject: 半ひねりにしないとメビウスの帯にならんような

 D-スクロース(ショ糖)と D-ガラクトース(乳糖)が濃密に溶かされた粘稠な 白いコロイド状液体は,クラインの壺のふちに注がれると,あたかも子宮へ向かう 精液のように重力を無視してその鞘の内壁を伝って内部へと侵入していったのだが, 禍禍しくも暗い女陰の時空を 次元のきしみを恐怖する幽かな悲鳴ともとれるカルマン渦消滅の顕微鏡的な (しかし時には億の金を費やしたロケットを宙宇に葬り去るほどのエネルギーを秘めた) 衝撃音を潜って,再び喇叭管の淵に現れた時,おお!それは左右が反転した 鏡像として,異性体(「異性の体」には非ず)である L- スクロース, L-ガラクトースに変じていた。この世に生を享けようとしてついに 果たせなかったヴァギ子の卵子は,このように鏡の国に落ちたスペルマとのあまりにも 不幸な受精を余儀なくされた瞬間に, 「鏡の国のミルクはおいしくないわ!」と叫びながら消え去ってしまったのだった。
Id: #c20000711221010  (reply, thread)
Date: Tue Jul 11 22:10:10 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000711160621
Name: かしわぎ
Subject: じつは・・・

核融合反応の材料として必要だった。
Id: #c20000711205839  (reply, thread)
Date: Tue Jul 11 20:58:39 2000
Name: ブタネコ
Subject: 煉・練・錬

明治の正式な商品分類は加糖煉乳で、アメリカ人の女の子の名はメリーさんだった。
煉・練・錬と三つ漢字があるが、火というか加熱しながら、練るを繊維産業で、錬るを金属産業で行うらしい。そして、煉るとは加熱のみならず純度を増すプロセスらしいが、そろそろ小波老人が教養を見せる番では。
Id: #c20000711195937  (reply, thread)
Date: Tue Jul 11 19:59:37 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000711183357
Name: やまがた
Subject: あるいは……


Id: #c20000711183357  (reply, thread)
Date: Tue Jul 11 18:33:57 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000711160621
Name: 大'
Subject: 回答3

練乳からクリープを作ろうとしていた。


Id: #c20000711174455  (reply, thread)
Date: Tue Jul 11 17:44:55 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000711172924
Name: たざき
Subject: 回答2(1回ひねり)

メビウスの帯に練乳をぐっちょりしみこませ、 それをくちょくちょ舐めながら己の主体の裂け目たる乳児期の口唇性欲があーだこーだ
Id: #c20000711172924  (reply, thread)
Date: Tue Jul 11 17:29:24 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000711160621
Name: やぎ
Subject: 回答1(0ひねり)

季節はずれの苺。でも、苺に練乳をつけると海原雄山(というか北大路魯山人)に怒られるんだな。こう、足からコマにはいってきて「この苺を出したのは誰だぁ!」とかわめきながら。


Id: #c20000711160621  (reply, thread)
Date: Tue Jul 11 16:06:21 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000707225900
Name: かも ひろやす
Subject: 練乳

ヒント
  1. 加糖練乳がほしかった。
  2. 「クリープ」(商品名)も乳製品だが、はなから対象外であった。
  3. 近鉄百貨店は、生クリーム(ホイップしても固まらないタイプ)も置いていた。それにはちょっと心引かれた。
  4. 結局、無糖練乳で代用した。

Id: #c20000710124730  (reply, thread)
Date: Mon Jul 10 12:47:30 2000
Name: ブタネコ
Subject: 練乳の用途

かき氷の季節ですが、ちゃんとした値段を取る店では氷ミルクのミルクに、明治乳業のコンデンスミルクを使ってるとこが多いかな?
明治乳業も雪印と大差なく、かって茅ヶ崎工場ではフルーツ牛乳をヤシ油で作っていたが、ヤシ油の出所は近くの米軍の厚木基地で、ナパーム弾の残りではなんてうわさだった。
で、明治の缶の絵なんですが、アメリカ人の女の子が明治の缶をもっていて、その缶にアメリカ人の女の子がいて、.....
ピカールによる微分方程式の解の存在など説明して理解できない生徒には、氷ミルクを薦めよう。
Id: #c20000708010248  (reply, thread)
Date: Sat Jul 08 01:02:48 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000707201224
Name: RBG
Subject: 練乳の用途

浮気チェック対策にも使えそうです。
使用後のコ***ムを示し「ちゃんと出てるだろ!」
無糖でしたら蝿がたかって露見する心配もないですね…

m(_ _)m
Id: #c20000707231017  (reply, thread)
Date: Fri Jul 07 23:10:17 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000707225900
Name: 山形
Subject: 練乳仮説

  1. 宴会罰ゲームのコンデンスミルク一気のみ
  2. べちょべちょ練乳プレイ

Id: #c20000707225900  (reply, thread)
Date: Fri Jul 07 22:59:00 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000707201224
Name: みほ
Subject: 練乳を
何にお使いになるのですか?

Id: #c20000707201224  (reply, thread)
Date: Fri Jul 07 20:12:24 2000
Name: 鴨 浩靖
Subject: 練乳

ジャスコに加糖練乳を買いにいったら、棚から消えていました。練乳は、雪印製品しか置いていなかったようで、雪印製品の撤去で練乳がすべて消えたようです。まあ、雪印製品が置いてあっても買わなかっただろうから、それはかまわないけど。練乳の全滅は困ります。

隣の近鉄百貨店に行ったら、やはり加糖練乳はなくて、ネスレの無糖練乳だけありました。しかたがないので、それを買って帰りました。


Id: #c20000703132519  (reply, thread)
Date: Mon Jul 03 13:25:19 2000
Name: 立川裕二
Subject: サイエンス=ウォーズ

という金森(東大出版会)の本が書籍部に並んでました。
Id: #c20000703013856  (reply, thread)
Date: Mon Jul 03 01:38:56 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000702230312
Name: 長谷川進
Subject: 感謝感謝

くろきさん、ご丁寧なフォローに感謝です。「なんでも2」でも長谷川真理子氏は話題になってたんですね。
 
「『知』の欺瞞」は面白くて一気に読みしました。ラカンなどの数学・物理用語を用いた不可解な文章はボクの英語力では到底読みこなせなかったので(amazon.comで買った「Fashionable Nonsense」が本棚に・・・)読みやすい翻訳にも感謝してます。ボクの職場近くの本屋では平台の隅に背表紙だけ見せて1,2冊置いてある状況なので、朝日の書評欄に載ったことで平台の真ん中に出てこないかと期待してます。
Id: #c20000702230312  (reply, thread)
Date: Sun Jul 02 23:03:12 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000702194710
Name: くろき げん
Subject: ありゃりゃ、それはいけませんね

長谷川進さん、おひさしぶりです。

まだ朝日新聞の書評欄をチェックしてないのですが (じきに book.asahi.com にも掲載されるはず)、 science ML でも同様の報告がありました。「「ソーシャル・テクスト」へのソーカルの投稿がサイエンス・ウォーズの始まりであるとしている」とはひど過ぎますね。それじゃあ、佐藤文隆の『物理学の世紀』 (集英社新書) の 189-190 頁の「サイエンスウォー」(ママ) と同レベル (したがって超低レベル) の事実誤認です。『「知」の欺瞞』の帯には「これは、サイエンス・ウォーズではない」と書いてあります。

空いている「黒木のなんでも掲示板」の方に詳しくコメントしておきました。


Id: #c20000702194710  (reply, thread)
Date: Sun Jul 02 19:47:10 2000
Name: 長谷川進
Subject: ソーカルの論文がサイエンスウォーズの始まり?

「知の欺瞞」の書評が朝日新聞にようやく載りましたが(7/2)、評者・長谷川真理子氏は、「ソーシャル・テクスト」へのソーカルの投稿がサイエンス・ウォーズの始まりであるとしているんですが、これはおかしいんですよね?
 
「知の欺瞞」の帯には「これはサイエンス・ウォーズではない」とデカデカと書かれていたはず(帯なんかすぐ捨てたので確認できない)だし、ソーカルの投稿が載った「ソーシャル・テクスト」自体が「サイエンス・ウォーズの特集号」だったとどこかで読んだ記憶もあるし、どうも腑に落ちないのですが、長谷川真理子氏が間違っているとハッキリ言いきる自信もないので(^^;)どうも気持ちが悪くていけません。
 
まぁ、サイエンス・ウォーズという言葉自体もよく理解してないのが自分で判断しかねる原因なんですけど。『ロスという人が作った怪しげなキャッチコピー』ぐらいの認識しかなかったので、ここの掲示板で「サイエンス・ウォーズ」を検索してザッと追っかけてみたけど、それ以上の要約はボクには無理でした。 
 
#こういう歯切れの悪い投稿は、まさに「逃げちゃダメかな」ですね。
Id: #c20000628031738  (reply, thread)
Date: Wed Jun 28 03:17:38 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000627230808
Name: かしわぎ
Subject: やっぱりもて過ぎがわるいんでしょう

どう見ても、佐藤名人は攻め急ぎ過ぎに見える。特に角替わりでは。

序盤の35歩が余計な手出しだったようにみえました。あと、馬が生きてなかったのも敗因か。
(丸山の馬は途中逃げまくっていたが最後は効いていた)
Id: #c20000627230808  (reply, thread)
Date: Tue Jun 27 23:08:08 2000
Name: くろき げん
Subject: 将棋名人戦

ううう、佐藤康光負けちゃったかあ。丸山名人誕生かあ。丸山名人かあ……。ううむ……。なんか嫌っす。

やっぱ、第二局と同じく△6五歩はやっぱいかんかったような。結局百手程ずっと攻められっぱなしで負けちゃったではないか。んでも角換わりの後手番で無理攻めせずに互格に闘う方法ってあるんか?


Id: #c20000620094959  (reply, thread)
Date: Tue Jun 20 09:49:59 2000
Name: アクビ
Subject: きゃぁ〜(笑)

逃げちゃダメかにゃ?


Id: #c20000619203622  (reply, thread)
Date: Mon Jun 19 20:36:22 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000619152618
Name: くろき げん
Subject: 黒木愛さん、こんにちは

始めまして、黒木さん。勝手に「ai-kuroki」=「黒木愛」と解釈してしまいました。違っていたら、すみません。昔、同級に「黒木」と書いて「くろぎ」と読む奴がいましたが、私は「くろき」です。

P.S. ええと、ここは逃げ場所なんで、もしも誰かが「PとNP」についての解説をして下さるのであれば、表の方のどこか (a, b, e どこでも良い) に移動して下さい。おそらく鴨さんは、「分かり易くする為の少し嘘の説明」と言ってはいるが実際には「トンデモない大嘘」になっているのでそのような言い訳は通用しない、と言いたいのだと思います。なぜ「トンデモない大嘘」なのかを「だいたいのイメージ」がつかめる様に誰かが説明するのは良いことだと思います。もしくは「中学生向けに砕いて説明」が書いてある場所へのポインタを示すとか。


Id: #c20000619152618  (reply, thread)
Date: Mon Jun 19 15:26:18 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000616210539
URL: ai-kuroki@ayr.net
Name: 黒木@東京田舎者
Subject: 初めまして!
暫く前から偶にROMしてました。黒木と言います。
(偶然管理人様と同姓ですが、無関係です。)
東京都区内とは言え畑があるような長閑な所に住んでます。
趣味は漫画を読む事です。

鴨 浩靖様、面白いサイトの御紹介有り難うございました。
一時間も入り浸ってしまいました。
私は計算論は専門でないですが、御紹介のサイト
http://mion.wisnet.ne.jp/
では天体位置計算の新しいアルゴリズムを作っているようですね。
それを占星術の計算(?)に利用している是非はさておき、
多体問題の解析的近似と数値的近似それぞれのアルゴリズム、
計算ステップ数、計算量の事など一定の経験がある筆者の方だと推測しました。
表によると従来のアルゴリズムより解の精度が二桁オーダー高いらしい。
本当としたら凄い事だと思います。本名は明かしてませんが
(やはり占いに使っているのはヤバいのでしょうか)
もしやこの人、案外その世界では名の知れた天文計算の第一人者だったりして…

「中学生向けに砕いて説明」「正確な定義は略すが、
だいたいのイメージを掴んで欲しい」「分かり易くする為の少し嘘の説明」と
筆者自身が述べ、別にもっと厳密な説明のあるサイトへの
リンクまで用意するなど、私には充分に良心的に書かれている
(知らないで不正確に間違えてるのとは違う)様に見えました。
但し、初めに書いたように私は計算論に強くないので、
その分野の深い専門知識をお持ちの方から見ると不満なのかも知れないと
思います。又、数値的解法や計算論が伝統的に純粋数学より低く
見られてる空気も理解してるつもりです。

ともあれ珍しいサイトの御紹介に感謝する次第です。
よくこんな目立たないサイトの小さな一記事に気付きましたね!
アフガニスタンのレポートなど他では読めそうにないユニークな内容に引かれ
(確かに少し癖のあるサイトですが)思わずブックマークしました。

このサイト、この掲示板の一層の御発展を祈りつつ、
これからも偶ROMを続けたいと思います。では失礼致します.



Id: #c20000617182136  (reply, thread)
Date: Sat Jun 17 18:21:36 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000616221130
Name: かも ひろやす
Subject: やかん

なべやかん

古くてごめんなさい。 所属事務所の公式ページにおもしろいものがなかったもので。


Id: #c20000616221130  (reply, thread)
Date: Fri Jun 16 22:11:30 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000616210539
Name: くろき げん
Subject: イカン

イカン


Id: #c20000616210539  (reply, thread)
Date: Fri Jun 16 21:05:39 2000
Name: 鴨 浩靖
Subject: 希少価値なし

NP を Not Polynomial だと思い込んでいる人です。けっこう、いるんだよね。
Id: #c20000613231805  (reply, thread)
Date: Tue Jun 13 23:18:05 2000
Name: さくらだ
Subject: あ、

アカン

(ここはアホもありなにょね。わーぃ、ここ専門で生きようかなァ?)


Id: #c20000613164248  (reply, thread)
Date: Tue Jun 13 16:42:48 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000613014106
Name: ほつま

http://www.hi-ho.ne.jp/gnp_hp/
 五百羅漢とは、亡くなったお釈迦様の教えを世に広めようと会した五百人の弟子の事です。五百人の羅漢様は整然と組織化された団体ではなく、一人一人が自分の信念と志とを持って、世の為・人の為に活動している人々でした。我々も五百羅漢にならって、日本を支えるために、それぞれの職場、それぞれの人生の中で、なにがしかの貢献をしていきたいと願っています。そうした人たちが自主的・主体的に力を合わせ、また励まし合って活動していこうというのが、この「五百羅漢ネットワーク・プロジェクト」(略称:GNP)の主旨です。
こなみさんのリンク、てっきり憂国MLかと。
Id: #c20000613030837  (reply, thread)
Date: Tue Jun 13 03:08:37 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000514172558
Name: 山形
Subject: and now, for something completely different....

阿羅漢とか、荒貫(だっけ。アラキカンジュウロウ)はどうせだれかがやってくれると思うから……

というわけでむしろセルダニスト系の話題なんだけれど、このルールとゲームのおもしろさという話なんだけれど、これってよく考えると、まさに 制度設計の問題なんだよな。あまりにガチガチに規制をかけてはつまらないし、 なんでもできるようではまったく面白みがない。規制しつつ、全体の自由度とか、 意外性とか発展性を保つにはどうしたらいいかということ。

これって数学的に評価の枠組みってあるのかな。どういうルールが「おもしろい」ゲームをつくるのか、 というのは、たぶん理論化できるはずなんだけれど、どうやっていいのかまったくわからない。 なんかおもしろさにはゲームのプレーヤーの技量も入ってくるはずだから、一般化できないのかな。 「おもしろさ」ってどうなるんだろう。意外性の余地とか?

たとえばチェスだとポーンは最初に二ます進めるし、取る駒は斜め前のやつだというのを 将棋の歩に持ち込むと、どうなるか。どっちのほうが優れているとか言える枠組みはあるのか? それがあると、いろいろすごいブレークスルーができそうだが。


Id: #c20000613022340  (reply, thread)
Date: Tue Jun 13 02:23:40 2000
Name: かしわぎ
Subject: コカン

コカン

下だ・・・


Id: #c20000613014106  (reply, thread)
Date: Tue Jun 13 01:41:06 2000
Name: こなみ
Subject: 由緒正しい日本人にとってラカンと言ったらそりゃ

五百羅漢でしょうなあ。
Id: #c20000613004536  (reply, thread)
Date: Tue Jun 13 00:45:36 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000612223653
Name: くろき げん
Subject: ヤカン

ヤカン

ちと弱いな。


Id: #c20000612223653  (reply, thread)
Date: Mon Jun 12 22:36:53 2000
Name: やぎ
Subject: らかん

らかん


Id: #c20000514172558  (reply, thread)
Date: Sun May 14 17:25:58 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000514003437
Name: たかたひであき
Subject: 順列都市と囲碁のルールと普遍性(ユニバーサリティ)

順列都市ってのは、パワーオフ系(ウイルス的人工生命)でなくて、ループ系(人工世界)なので、まったく別物という気がします(つまり、がんばったら自分でも作れるかも?と思えるかどうかの違い)。あと、んで、オートマトン世界で人格ができるってのもなぁ。オートマトンと現実の世界で会話できるほどの普遍性がオートマトンにあるような気はしないし(いや、それ専用のオートマトンを作れば可能かもしれないけど)。
で、思い出したんですけど、いつぞであったか、くろきさんが、囲碁のルールに普遍性があるとおっしゃってたので、いろいろバリエーション(変な置き碁とか、「劫」の扱いの違う奴とか)を考えてみたんですけど、そのとおりだなぁと感じてました。
ところが、最近、谷川浩司の「将棋新理論」を読んだら、彼が、将棋のルールってのは、ちょっとでも変える(たとえば、「二歩」を許すとか、変な駒落ち将棋とか)と、ゲームのバランスがくずれてしまって、深みのあるゲームにならない。ルールってのはよくできているのだ。というような意味の事を言ってるのを読みました。で、自分でもいろいろ考えてみたんですが、ミクロなルールを少し変える(駒の動きやら、打ち歩詰めの扱いやらを少し変えたり、「二香」とか「二銀」禁止ルールの導入など)と、全体でまったく違うゲームになってしまう(その大半は面白くない)。
とすると、将棋系のゲームはバリエーション(チェスとかチャンギとか中国象棋)がいっぱいあるけど、あれは、無数のありうるゲームの進化の安定な平衡状態(つまり、ルールを少しだけ変えるとまったく違うゲームになるが、そのほとんどは、元のゲームより面白さが少ないという点)なんだろうかとか、色々変な事を考えたわけです。
で、こういったゲーム(囲碁や将棋のようなゲームから、ライフゲームのような自動ゲームも含む)のルールのユニバーサリティ(ルールのわずかな変化にゲームが依存しない度合い)がどれほどあるかを、数学的に扱う方法ってのはあるんでしょうか?

Id: #c20000514115226  (reply, thread)
Date: Sun May 14 11:52:26 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000514003437
Name: 「善良」なSF者(ほんとか?おい。)
Subject: 読書不許可。

あ、たかたです。
あの本は、「リーマンっぽい」人には不向きな、危険な本なのだ。
イーガンも山形も、「パターナリズム」に基づき、読みたいと思った人は、それぞれ、SF免許証と、山形免許証を免許センターで発行してもらわなくてはならないのだ。ちなみに、免許の教習をする教官は、いずれも読んだ事のない「リーマン」がふさわしいのだ。
僕は、月曜日に免許センターに行ってくるのだ。
Id: #c20000514003437  (reply, thread)
Date: Sun May 14 00:34:37 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000511125725
Name: baud rate R.A.
Subject: ううう、SF 者に必要と言われる邪悪さには欠けているのですが

人工生命の進化というくくりならイーガンの『順列都市』におけるオートヴァース宇宙などはどうでしょう? このような掲示板書評リンク集もあります。(← ご存じのかたも多いと思いつつ勝手に紹介)


Id: #c20000513211625  (reply, thread)
Date: Sat May 13 21:16:25 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000513135029
Name: やぎ
Subject: 「リーマン」といえば

「金太郎」のリーマンですか。なるほど。俺は「山形浩生 -> SF者 -> 相対論 -> リーマン」の連想でした。


Id: #c20000513135029  (reply, thread)
Date: Sat May 13 13:50:29 2000
Name: くろき げん
Subject: 「リーマン」といえば

森山さん日記 00.05.11 によれば、Z会が創刊した書籍扱いの雑誌『Z-kan』に山形浩生『リーマンの、リーマンによる、リーマン(またはその予備軍)のための教養講座』が「しっかり掲載」されているということらしいのですが、僕は、

Z会→数学→リーマン→ Georg Friedrich Bernhard Riemann (1826.9.17-1866.7.20)

と連想してしまいました。「リーマン」と言えば、そこから派生した夢が今世紀の数学の発展に決定的な影響を与えた「リーマン予想」などで有名な19世紀の大数学者の Georg Friedrich Bernhard Riemann なのだ。他にも「リーマン積分」「リーマン多様体」「リーマン面」「リーマン・ロッホの定理」などなどに名前が残っていますよね。ちなみに私はZ会の存在を大学に入ってから知りました。『Z-kan』ってどんな雑誌なんだろ?


Id: #c20000513133455  (reply, thread)
Date: Sat May 13 13:34:55 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000510212208
Name: くろき げん
Subject: 不粋でごめんなさい

baud rate R.A. さん、不粋でした。申しわけありません。今後は baud rate R.A. さんも結構人が悪いということを前提に反応することに致します。 :-)


Id: #c20000511125725  (reply, thread)
Date: Thu May 11 12:57:25 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000510212208
Name: たかた
Subject: ふむぅ。

baud rate R.A.さんの示したリンクは面白いなぁ。なるほどなるほど。
たざきさんの質問は、井上夢人の「パワーオフ」とかルーディ・ラッカーの「ハッカーと蟻」のような話ですね。昔、Perlでそういうプログラムを作ろうとしていた事を思い出した(たざきさんもSFファンだろうから、紹介するまでもないだろうけど)。
そういえば、Linuxインストールしたのも、それが始めは目的だった。shで動くワームを作れば、ネットを(ウイルス受け入れサーバーを設置してくれるサイトに限るけど)自由に飛び回れるはずと思ったのだ。
で、たざきさん、確か以前、計算してみたんですが、「パワーオフ」みたいな猛烈なウイルス進化が起きるためには、当時のインターネットに接続している記憶容量は(そのすべてが感染対策を取らなかったとしても)小さすぎました。たぶん今でもそうです。
地球の海というのは、べらぼうにおおきいのでございます。
しかしながら、こういうプロジェクトもあったりして、これはこれで、面白そうでございますな。日本語の説明はこちらがいちばんちかいのでしょうかね。

Id: #c20000510212208  (reply, thread)
Date: Wed May 10 21:22:08 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000510184621
Name: baud rate R.A.
Subject: あらら

「どこまで冗談で言っているのか、ちょっと不安に」させてしまったということは、ウケねらいが失敗したということで……以後頑張ります。

前回の投稿の補足 (ギャグ抜き): ここの分類だとまた毛色が変わって「バクテリア」もありですね。


Id: #c20000510184621  (reply, thread)
Date: Wed May 10 18:46:21 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000510143303
Name: くろき げん
Subject: なるほどそれは良い対策ですね

なるほど! MS Exchange Server を「Outlook からのメールを出ていかないようにする」というのは良い考え方ですね。 MS Exchange Server の特殊機能(?)の有効利用だ。 :-) その対策を取れば Outlook を使うのを皆が止めると思うので、自サイトを守るためにも役に立ちますよね。

baud rate R.A. さんがどこまで冗談で言っているのか、ちょっと不安になったのでついつい補足してしまったのだ。


Id: #c20000510143303  (reply, thread)
Date: Wed May 10 14:33:03 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000510080611
Name: baud rate R.A.
Subject: エデンの園にはワームがいる

「トロイの木馬」「ワーム」などを包括して「ウイルス」と呼ぶのは最近のお話なんでしょうか。(参考資料: ウイルスの種類の機能による分類と用語説明) 歴史的にはどうだったかなというのは自信ないのですが……。

で、IPA セキュリティーセンターいわゆる「ラブレターワーム」VBS/LOVELETTERの被害を防ぐための緊急アナウンスによると、ワームであると。確かに他のプログラムに寄生しては動作ではないような。語感的にも、新聞記事にあった「ラブ・ウイルス」だと「愛ってウイルス? (;_;)」という感じがするから、「ラブレターワーム」のほうが納得しやすいです。# 恋文は虫でいいんかい? と突っ込まれると困るけど。

>まきのさん
ご紹介いただいた zdnet の記事の情報と照らし合わせると、MS Exchange Server を「Outlook からのメールを出ていかないようにする」設定にするというのが、かなり有効なウイルス対策になるということでしょうか。自サイトを守るためには、入ってくるメールを何とかする必要があるでしょうけど、他所への感染防止として。


Id: #c20000510080611  (reply, thread)
Date: Wed May 10 08:06:11 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000509205056
Name: たざき
Subject: あ、そか。

喜んで開いたらひどい目に、っていうのは、Trojan horse と呼ばれてましたね。 virus っていうのは、実際にまともに機能するファイルにくっついていて、 こっそり増殖していく奴を指していた。 (コンピューターが普及すると、そういう区別はなくなるのか。) むかーし、ぼくの友人がフランスで遊んできたときに nvir とかいう病気を拾ってきてぼくの Plus に感染したこともあったなあ。
Id: #c20000509205056  (reply, thread)
Date: Tue May 09 20:50:56 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000509183628
Name: まきの

可能性っていうか、喜んで開けたら、、、という人は本当にたくさんいそうですね。ショック大きそう。

zdnet のコラムとかは、「Outlook なんか使うのが悪い」という論調ですね。まあ、当然という気も。ついでなのでこないだ知り合いに聞いた恐い話を。

そいつの会社では、MS Exchange Server を使ってるんだそうですが(そんなのを使うのが悪いというのはさておき)、これが、少なくともその会社の計算機管理者がやってみた限りでは、

というものなんだそうで、そのため Outlook を使うことを強制されているとか。
Id: #c20000509183628  (reply, thread)
Date: Tue May 09 18:36:28 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000509122245
Name: baud rate R.A.
Subject: 被害総額 150 億ドル (英ロイズ保険組合算出) には含まれなくても

ただ、そのファイルが「知っている人から」来るのと、「I love you」という タイトルになっているあたりでつい実行 してしまう人が多かったという話です。

考えてみれば、メールの送信者と受信者の組み合わせによっては、コンピュータ以外のダメージのほうが高くつく可能性もあったのですね。本当に I love you と告げるメールを送ったのに捨てられたとか、ああうれしと天にも昇る気持ちで開けたら……とか。


Id: #c20000509131936  (reply, thread)
Date: Tue May 09 13:19:36 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000509122245
Name: 大'
Subject: 友達に送ってもらった。:)>I LOVE YOU

そう言えば I LOVE YOU の script の一部に


if (regad=3D"") then
set male=3Dout.CreateItem(0)
male.Recipients.Add(malead)
male.Subject =3D "ILOVEYOU"
male.Body =3D vbcrlf&"kindly check the attached LOVELETTER coming from =me."
male.Attachments.Add(dirsystem&"\LOVE-LETTER-FOR-YOU.TXT.vbs")
male.Send
  :

なんて部分があって、mail ではなく male になっているあたりが female の存在を暗示しているのだ。わくわく。

OutLook Express(の少なくとも旧 version)には「添付書類を自動で開く」という邪悪なオプションがあって、しかも旧 version では、これがデフォルトで on になってたそうで(メリッサ騒ぎでデフォルト off になったらしい)。っつー事で、人手がなくても増殖できちゃう環境はあるのだ。


Id: #c20000509122245  (reply, thread)
Date: Tue May 09 12:22:45 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000509114933
Name: まきの
Subject: Outlook ねた

というか、 I LOVE YOU ねたなんですが、なんか報道によると以下の手順で増殖するような というわけで、「Outlook を使っている人が」「届いたファイルを実行しちゃ う」という条件がないと増殖しないみたいです。

ただ、そのファイルが「知っている人から」来るのと、「I love you」という タイトルになっているあたりでつい実行してしまう人が多かったという話です。

人を介さないと増殖しないこのての「ウイルス」(というんですか?)は、や はり増殖速度に限界があるので、本当に進化とかさせるためにはやはりその昔 の internet worm みたいに自動で広がらないといけないのでは。

まあ、メイルで送り付けられてくる word 文書なんてのは、ほとんどそれ自体 ウイルスみたいなものかも、、、

あ、えと、早川さん、「好きではない」というのは確かに十分な理由ですね。


Id: #c20000509114933  (reply, thread)
Date: Tue May 09 11:49:33 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000509101828
Name: 大'

マシンとネットワークは高速化してるけど、ハードウェアの増殖はそれほど高速化してないような気が。次世代のうちには爆弾や青画面を生産する強毒種も出るだろうから、爆発的な増殖の結果たちまち宿主を食いつぶして終焉を迎えそうである。

他の疑問。


Id: #c20000509101828  (reply, thread)
Date: Tue May 09 10:18:28 2000
Name: たざき
Subject: virus

新聞とかテレビとか I love you のことばかり言っている(割には、どの platform で感染するのか一言も言わない。っていうことは、windows に決まってるのか。)ので、ついでに、聞きたかったけれど余りに自明だと思って聞かないでいたことを、きかふ。

virus が自分を複製して、随所にばらまく、というのは当然の方式だと思うけれど、 さらに、その際に、既存のファイルのソースコード(Mac ならリソース単位で)を取り込むなどして自分を部分的に書き換えた複製を作って送り出す、あるいは、同じマシンで自分の仲間に出会ったときに互いのソースコードを分け合って、次の世代を作る、というかの有名なシステムが採用している方式の virus というのも原理的に可能でしょう? (次世代で動かないのがいっぱいでる、というリスクはあるが、そこはまず複製を生んでから、徐々に新種を生めば安全。) そういうのが軌道にのると(対抗種がいないため)爆発的に増殖するから、手動で作るワクチンでは絶対に間に合わない。 唯一の対抗策は、ミューテーションし、自己増殖・交配しつつウィルスを叩くワクチンだけということになる。 かくして、生物的ウィルス、ワクチンが次々と登場する内に、独自の生態系と進化が生まれ、しかもその進化のスピードたるや、マシンとネットワークの超高速化によってものすごいものになり、もたもたした地上の有機物の進化など目ではなくなる。 そして、(以下略)

なんて、ことは誰でも考えてるわけですよね?


Id: #c20000509092515  (reply, thread)
Date: Tue May 09 09:25:15 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000508171451
Name: 早川

牧野さん。僕は数値計算の授業を持っていたりしますが数値計算は本質的に 好きではないのです。まして他人が散々やったMDをやりなおす/発展させる のはコスト的に見てもペイしません。本の紹介ありがとうございました。 昼休みに生協で見てみましょう。
Id: #c20000508171451  (reply, thread)
Date: Mon May 08 17:14:51 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000508124140
Name: まきの
Subject: MD

早川さん、

「MD位しか解析方法が見つからないのが実際の研究をする上での躊躇に繋が」るのはどうしてですか? MD でできるんだったらやればいいという気もします。

と、これだけではあれなので、本の紹介でも。元京都大学の小林先生のまとめられた、

波動解析と境界要素法

が出てます。日本語での数値計算の教科書としてはおそらく初めて高速多重極法を詳しく扱った本ではないかと思うので、その辺に関心がある人は(そんな人がたくさんいるのかどうか知りませんが、、、)必読です。「波動解析」っていうとなんか怪しい本みたいな感じがするのがちょっとあれですが。


Id: #c20000508150334  (reply, thread)
Date: Mon May 08 15:03:34 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000508124140
Name: 松山
Subject: どうも。

早川さん。早速に「気付いて」下さってありがとうございました。タハハ。

なるほど。コメント,どうもありがとうございました。でも結局,「非常に圧搾された状態」の問題と言うよりは寧ろ,表面とのインタラクションの非常に強い,「吸着水」の挙動の問題であるように感じられます。んですが,どうでしょう。吸着何層目くらいからバルク水的な挙動になるのか,と言う論点が気懸かりですか。そう言えば,惜しくも夭折されてしまった工繊大の中村先生が以前,そうした固体表面吸着水の凝固点だったか融解潜熱の変化を調べていらっしゃったと思うのですが,詳しい内容までは思い出せない。

Id: #c20000508124140  (reply, thread)
Date: Mon May 08 12:41:40 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000503032415
Name: 早川
Subject: Re:

松山さん。こんなところに逃げて来てもあまり気づきません。 以下は推測です。非常に圧搾された状態ではいわゆる流体の定義、 「静止状態では接線応力が働かない」は最早成り立たないでしょう。 もっとも静止というものの定義も難しいのですが、漸近的な意味でです。 また圧力は当然異方的だと思います。またnon-slipではないでしょう。 非常に興味のそそられる現象、状況ですがMD位しか解析方法が見つからない のが実際の研究をする上での躊躇に繋がります。
Id: #c20000503032415  (reply, thread)
Date: Wed May 03 03:24:15 2000
Name: 松山@八王子
Subject: 局在化した水のハナシ

 早川さん。松山@八王子です。

 [rika:19126]から逃げてここに来てみました。

 パリティ5月号の記事では,固体表面間隙で層状化した液体が,剪断に対して「硬く」なっていることが議論されていたワケですが,この時,液体圧力は違方性を持っているんですか?例えば水の場合など。MDなんかの例でもありますでしょうか。ところでMDでは,流体圧は外部パラメータとして入るのかな?それとも分子密度と温度か何かで決まるようになっているのでしょうか?
Id: #c20000424121811  (reply, thread)
Date: Mon Apr 24 12:18:11 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000419075101
Name: 山形
Subject: Alpha Linux

Kondara MNU/Linuxがアルファ向けはがんばってますよ。開発者の一人がメインを アルファにしてるそうで、かなりいいようです。お、重いぃ〜コンダァラ、試練の道ぃを〜。

http://www.kondara.org/


Id: #c20000424010742  (reply, thread)
Date: Mon Apr 24 01:07:42 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000413173441
Name: 河本孝之
Subject: 八木さん、どうも

ありがとうございます。遅ればせながら。「NN or Milestone より IE の起動が速いのは、IE が shell だからだ」とかいう説明をみたことがありますけれども、これは正しくないということですね。なるほど(よく考えたら私の W2k では違うシェルを使っていたのでした)。 で、この Windows 用のシェルに関するサイトを作っている人と話したことがありました。で、共通の悩みは height="24"(セルの高さ)などの属性がうまく反映されない(できてるような感じの箇所もあるのでバグかもしれません)ということです。それ以外は(フォントの違いはあるにせよ)殆ど見栄えが変わらなくなってきました(八木さんがおっしゃる「HTML4.0 に準拠する」という課題へ両方とも近づいた結果なのかどうかは分からないのですが)。
Id: #c20000419075101  (reply, thread)
Date: Wed Apr 19 07:51:01 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000416164717
Name: まきの
Subject: Alpha Linux

ちょっと前のユニマガに短期連載かなにかで基本的なインストールのし方とか から解説している記事があったと思います。わたしのところは依然 Digital UNIX なので、記事の内容についてはよくわかりませんが、わりとまともそう でした。

あとは、 HIT 社のページ , VT 社のページAlphalinux.org とかに役に立つかもしれない 情報が埋もれています。


Id: #c20000416213354  (reply, thread)
Date: Sun Apr 16 21:33:54 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000416093050
Name: やぎ
Subject: それはご愁傷様です

確かに NT はやくざだけど、普通、そこまでひどくないです。それは、ネットワークの見直しと、 OS 再インストールが必要かと。


Id: #c20000416164717  (reply, thread)
Date: Sun Apr 16 16:47:17 2000
Name: わたなべ
Subject: アルファ
アルファで RedHat の 5.1, 5.2 と PowerLinux 1.0 を動かした事があります。
工学部の Web のサーバはアルファで RedHat 5.2 なのだ。

Id: #c20000416093050  (reply, thread)
Date: Sun Apr 16 09:30:50 2000
Name: こなみ
Subject: 確信犯じゃないよ

 赴任先の研究室に置かれていた Compaq、これが NT 4.0 というやくざな OS で はまった。妙なネットワーク設定がしてあり、ログインするときにサーバーからいちいち プロファイルを拾ってきて、デスクトップの構成やブックマークを設定するらしい。 「コンピュータ教室などの学内の他のマシンでログインしても同じ環境で使えます」 という売り文句だった。

ところが、このサーバなるものが落ちる。情報系の授業の頭で学生が150人ばかり どどどどどどっとログインすると、サーバが要求に応えられなくて送り忘れたりする らしい。そういう事件が発生すると、その後にログインしたユーザーのプロファイルも 送られなかったりするらしく、長い間黙って待たされた挙句に、なんと初ログインの 祝辞が表示されるのだ。 Windows NT 4.0 へ ようこそ! だって。

 それだけならまだいい。なんとキーボード設定がデフォルトの US キーになって しまうのだ!日本語が打てなくなり、たとえばアットマークなんかがどこにいったか 分からなくなってしまう。それはあんまりだから、とりあえず、プロファイルの転送は 止めにしてもらった。(が、そのための administrator のパスワードを 業者SEが持っているってのはどういうことなんだ!?)

 ぶんぶん腹を立てていたのだが、昨日、Ctrl キーと CAPS LOCK キーを入れ替える ための道具を拾ってきてインストールした。一応 NT に対応してるはずだった。

ところが立ち上がらない。どうやっても admin に連絡してくれということにしか ならない。そこでマシン設置時に同梱されてきていたらしい箱を見たら、Windows98 用のインストレーションディスクがあったので、再インストールしてしまった。 SEがいなかったので IP アドレス等の設定情報が得られなかったけど、とりあえず ゲイツが無理してサーバマシンの真似をしようとしたでき損ね OS は捨てられた。 ウィンドウズってのは、文房具代わりのパソコンでいいのだよなあ。

ネットワーク設定に四苦八苦して未だにトラブル続きで頭を抱えている 管理者諸君にはどういう説明をしようかなあ。「あ、あの、ボク、 まちがってハードディスクフォーマットしちゃったんで、すいません。 高度なネットワーク設定はボクには使いこなせないので、 ふつうのウインドウズのまんまでいいです。IP アドレスとかネットマスク? (←「ク?」は尻上がりアクセント)でしたっけか、教えていただければ なんとかしますからどうもすいません」 とか。

どうせなら Linux にすれば?というのもあるのだが、Excel とか教えなくちゃ いけないし、そこそこアプリケーションも揃ってるからなあ。と思っていたら、 300 MHz のアルファマシンをくれるという人が現れたから、そっちを Linuxにしてしまう手があるな。なにはともかく、自前でいじれる マシンがないと ウェブすら自由にできない。α 用の Linux まわりの情報、 自分で探せばいいんだろうけど、とりあえず何か知っている人がいたら教えてください。


Id: #c20000413173441  (reply, thread)
Date: Thu Apr 13 17:34:41 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000413040905
Name: 八木
Subject: 今、その、reply をクリックして書いてますが

ダイジョブみたいですね。必ず落ちるというわけではないみたいです。PR1 の立ち上がりがむちゃくちゃ重いのはソースにデバッグ用のコードがいっぱい残ってるからだそうです。俺はただのあたらしモン好きなんで技術的なことはあまりわかりませんが。 HTML 4.0 に完全準拠(ってオカシイ言葉だけど)してるブラウザがほしいだけ。

この掲示板の記事を書き込むウインドウで一行が長くなっても自動的にヨコにスクロールしないことを発見。


Id: #c20000413040905  (reply, thread)
Date: Thu Apr 13 04:09:05 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000406123901
Name: 河本孝之
Subject: うむむ

八木さんへ reply しようとして reply をクリックした瞬間に ページエラーで落ちてしまいました(Netscape Preview)。た だ M14 よりは少しばかり安定していますね。M14 では IE の 「お気に入り」をインポートしたり Personal Pane (左側に 出るペイン)の幅をドラッグして変えようとするだけで落ちて しまいました。前途多難。
Id: #c20000406123901  (reply, thread)
Date: Thu Apr 06 12:39:01 2000
Name: 八木
Subject: 新しい

Netscape 6 PR1 でアクセス。 Mozilla MS14 でアクセスしたときは書き込めなかったけどどうかな?フォントの設定がうまくいかない。


Id: #c20000310171632  (reply, thread)
Date: Fri Mar 10 17:16:32 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000310080946
Name: 彦坂暁
Subject: 大野論文

たざきさん、文献の紹介ありがとうございます。さっそく図書館でコピーしてきました。
「系統に基づかない自然分類が可能か?」という問題には僕も以前から関心があったので、大野さんの記事には興味をひかれます。とはいえ僕にとってはだいぶ手強そうな論文なので、ゆっくり読んでみることにします。


Id: #c20000310080946  (reply, thread)
Date: Fri Mar 10 08:09:46 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000309233122
Name: たざき
Subject: へへへへへへ

くろきさんの言うとおりになっているたざきです。 (実は、すこし忙しさに空隙ができた。 やりたいことがたまりまくっているので、今日は (編集者と会うことになっていますが、それ以外は) 物理学者モードで過ごす予定。)

しかし、そんなに書くべきネタをもっているわけではありませぬ。

彦坂さん鋭いです。 生物の分類をくりこみで、というのは、大野さんが主張されていることで、 ぼくは受け売りで口走っただけです。 大野さんも、どうやって「叩く」のかはわからないけれど、 たとえば受精卵をいじるか、とかいったことを書かれています。 数理科学 1997 年 4 月号「くりこみ理論の地平」 の大野さん単独の記事を見て下さい。 特に、最後の節。 (読む価値ありだと思います。 残念ながら、これは web には載っていない。)

そうそう。 伊勢田さんのご質問に関連して一つだけ。 (数理的な内容をいい加減に口で言うのはよくないんだけど。) 「くりこみ」という言葉は、個別の詳細と普遍的な何かを分離することを指して(われわれは) 使っています。 ものが簡単だと(たとえば、剛体の構成粒子についての連立ニュートン方程式から、 剛体の重心の運動方程式を導く) このような分離は瞬時にしてできます。 しかし、そう簡単にいかない場合がほとんどです。 なにが普遍な構造かも、わからない。 「くりこみ群」の方は、そういうときに、「くりこみ」を実行する一つの方法論だと思うこともできます。 高所から眺めて普遍的な構造を抽出するのは無理なので、 相手にしている系をちょこっとずつ「叩いて」やる。 そして、そのときの「動き」を分類していくことで、 自然な分類ができるし、 「動き」が集まっていく先が見えれば、新しい普遍的な構造が示唆されもする。 なんとなく、そういう雰囲気ですが、なんかこう書くとわけがわからんですね。


Id: #c20000310004032  (reply, thread)
Date: Fri Mar 10 00:40:32 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000309233122
Name: かしわぎ
Subject: いや、実は私も

仕事で忙しいと、つい現実逃避をしてしまって。

いやいや、究極の経済原理が支配する世界と現実の世界の差の説明をしなきゃいけなくなりました。

ははは、忙しいんだけどなあ(笑)。でも、がんばる。


Id: #c20000309233122  (reply, thread)
Date: Thu Mar 09 23:31:22 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000309203352
Name: くろき げん
Subject: ぎゃはは!>忙しい→現実逃避したくなる→へろへろな状態で掲示板に記事を書く→反応が次々にで大変

電子掲示板のようなものを使い始めると、忙しければ忙しいほどついつい何かを書いてしまうというようなことをやってしまうようになるんですよね。現実逃避したくなるから。ところが、そういうときに限って何かを書くと次々に反応があったりする。

現在のたざきさんの状態そのままだ。 (^^;)

たざきさんは、本の出版の関係で今滅茶苦茶忙しい状態のようです。だから、今たざきさんに質問しても十分な回答は返って来ないと思う。こういう状況で弱っているたざきさんをつついて皆で楽しむというのもありだと思うのですが、あとが恐そう。(^^;)

個人的には「へろへろ」な状態でこのままここで長々と回答するんじゃなくて(短かいのならオッケー)、数ヶ月後に本の出版関係の仕事が終わってから、「くりこみ的分類」 (できればさらに「くりこみ」というものの考え方一般) について、「なんでも」「なんでも2」「なんでも3」のどこか、もしくは、田崎さんのウェブサイトへの書き下ろしで説明してもらいたいです。数理科学の特集号 (1997.4) に書いてないネタをたくさん持っているのは確実なようですから。


Id: #c20000309203352  (reply, thread)
Date: Thu Mar 09 20:33:52 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000308181931
Name: 彦坂暁
Subject: くりこみ的分類学?

生物屋なもので、田崎さんの「実は、 生物の分類にしても、 おおよそ、分類というのは、こういう「くりこみ的」視点に立って行なうべきものなのだ。」というお話に非常に興味をひかれるのですが、生物分類の場合の「動かす」というのは何をどう動かすのでしょうか?
想像するに、たとえばDNAの塩基配列を変えるとか胚に何らかの操作を加えるとかが「叩いてみる」に当たるのでしょうか?


Id: #c20000308181931  (reply, thread)
Date: Wed Mar 08 18:19:31 2000
In-Reply-To: c0008.html#c20000308173536
Name: たざき(へろへろ)
Subject: 逃げ切れず、発売日大幅延期

ほとんど酔っぱらい状態(酒はのんでないけど) で書いたので、 わけわかめでした。 すみません。

しかし、ちゃんとわかる説明がないのも事実です。 黒木さんがおっしゃるように、 「静的な視点でなく、何らかの方法で動かしたときの動き方によって、 (近似的)分類をしよう」 という力学系的発想です。 これは、ものの見方として正しいと信じますが、 もちろん穴だらけで、とくにどうやって動かすかが、大問題。

物理でのくりこみ群にしても、 必ずしも「粗視化」+「スケール変換」で「動かす」とは限りません。 (池の波なら「ある間隔の時間発展」+「スケール変換」。 もっと多彩な非自明な例がほしい。) で、どういう動かし方をとるか、というところが、 視点の設定の基本になります。 (理論物理の問題の場合は、 正しい「動かし方」をしないと、数学的に意味のある評価がでないから、 (原理的には)正しい「動かし方」を選んだかどうかは判定できる。 ただし、選ぶときには、心眼というか、「物理」を見抜く目がいるし、 うまくいっているかどうか数学的に知るのはものすごく難しい場合が多いのだ。) だから、そこを言わないと、ほとんど何を言ったことにもならないのですが、 ま、よくわからずに「叩く」と言ったのです。 現実の歴史の時間発展というのは一つの可能性ではありますが、 ちょっとそれだと弱い。 なんか、こう、世界についての命題どうしを集団的にある程度相互作用させて、 みたいな話はできないかのお。 (と、また酔っぱらいのようになる。)


Id: #c20000308173536  (reply, thread)
Date: Wed Mar 08 17:35:36 2000
In-Reply-To: c0007.html#c20000308161717
Name: くろき げん
Subject: 逃げられなくなる話をここでしたくないのだが横から口を出してしまうのだ

もしも田崎さんが「くりこみ群」における「スケール」的発想を「線引き問題」の話に持ち込むつもりだとすれば、僕も伊勢田さんと同じような質問を田崎さんにしたくなります。

でも、書いたものを見ると、「スケール」の方ではなく、「力学系」的発想を強調しているようです。田崎さんの発言の主旨は要約すれば

分類を、個々の静的な状態を見て行なうのではなく、これからどういう方向に流れて行ってしまうかを予測した上で行なうべきだ

となると思います。

無理矢理「スケール」の話もこのストーリーに関係付けるとすれば、「スケール」=「それを信じる人達の規模」のように解釈して、信じる人が増えるとどのような方向に流れて行ってしまうのか、という風に考えれば良いと思う。 (うわ、かなりいいかげんな話だ。文字通りに考えちゃうときっと駄目だにゃ。)

実践面では「どーやって動かすのかな?」という問題が重要だと思います。つまり叩き方の問題。将来どっちに流れて行ってしまいそうなのかを見るためには、叩いてみてその反応を調べてみることが大事ですよね。


1つ前の記録:逃げちゃダメかな (0007)


管理者: 黒木 玄  <kuroki@math.tohoku.ac.jp>  (Web Site)
CGI_Board 0.66