第14期竜王戦第二局


第14期竜王戦第二局△3八金の局面

第14期竜王戦第二局△3八金まで、先手藤井竜王、後手羽生挑戦者

先手藤井竜王の次の一手は?


第14期竜王戦第二局▲3九銀の局面

第14期竜王戦第二局▲3九銀まで

実戦は、▲3九銀、△同金、▲5三成桂、△投了と進み、先手藤井竜王の勝利に終わった。これで第14期竜王戦は一勝一敗のタイに。

それでは、▲3九銀に対して△同龍ならばどうすれば良いか?

▲3九銀に△同龍ならば、▲2二金打、△同角、▲同金、△同玉までは一直線:

第14期竜王戦第二局変化図A

変化図A:△同玉まで

次の一手は?


第14期竜王戦第二局変化図B

変化図B:▲4四角まで

▲4四角とすれば、△3三銀でも△3三金でも▲4一成桂以下詰む。

(1) ▲4四角に、△3三銀ならば、▲4一成桂、△3二金、▲3一銀、△1二玉、▲3二龍、△2二金、▲同銀成、△同銀、▲同角成で詰み。

(2-1) ▲4四角、△3三金、▲4一成桂に、△3二金ならば、▲3一銀、△1二玉、▲3二龍、△同金、▲2二金、△同金、▲同銀成で詰み。

(2-2) ▲4四角、△3三金、▲4一成桂に、△3二銀ならば、▲3一銀、△1二玉、▲3二龍、△同金、▲2二銀成、△同金、▲同角成、△同玉、▲4四角 (下の変化図C) で、後手が3三に何を合い駒しても▲3一銀以下詰む。例えば、△3三銀、▲3一銀、△3二玉、▲4二金、△同銀、▲同成桂まで。

第14期竜王戦第二局変化図C

変化図C:二度目の▲4四角まで