ホーム規範知の欺瞞運営のヒント推奨文献最近のおすすめ掲示板

囲碁と将棋

English version / 黒木のホームページ

内容: 将棋囲碁

掲示板に何か囲碁もしくは将棋に関することを書いてください。


更新記録および寸評

1998年11月24日 将棋の竜王戦は藤井七段の圧勝に終わりましたね。まさに藤井システムの破壊力を見せ付けた全4局でした。藤井が竜王になったことで、羽生とほぼ同年齢の世代がタイトル独占という状況になってしまいましたね。囲碁の一局を二日で打つタイトル戦では趙治勲はほとんど無敵状態ですな。

1998年8月11日 将棋の村山聖八段(29歳)が進行性膀胱癌のため死去。ファンの一人として大変残念です。

1998年7月20日 趙治勲本因坊10連覇。7番勝負を30回経験して26勝4敗。7番勝負ではほとんど無敵状態ですなあ。今年の3月18日に、佐藤康光八段について「これで大部盛り返した感じ」と書いたが、結局、谷川から名人を奪取してしまいましたねえ。現在、佐藤名人は羽生四冠に王位戦7番勝負で挑戦中なのだが第1局は負けちゃいましたね。

1998年4月3日 インターネット青葉譜東北大学囲碁部を追加した。こんな面白いウェブサイトがあるとは今まで知らなかった。燈台もと暗し!

1998年3月18日 プレーオフで羽生に勝ち、佐藤康光が名人戦の挑戦者になった。佐藤康光は本年度は羽生にいいところでやられっぱなしだったのだが、これで大部盛り返した感じ。

1998年3月15日 将棋と囲碁のNHK杯の決勝が放映された。将棋の方は羽生対村山で羽生の勝ち。後手村山の向飛車と羽生の居飛穴の対決。6筋で激突。双方一歩の引かずに激しい将棋になったが、終盤で村山が時間に追われポカをやってしまいあっさり終了。秘かに村山を応援していたのに残念。これで、羽生と村山の対戦成績は7対6で羽生の1つ勝ち越しになった。囲碁の方は本田対依田で依田の勝ち。依田は肝がすわった感じで雰囲気が非常に良いと思う。趙治勲を倒して大物になってくれ。

1998年3月3日 A級順位戦全9回戦終了。米長は最終戦熱戦のすえ加藤に勝利、しかし陥落。将棋連盟ホームページ掲示板で大きな話題に。

1998年2月20日 王将戦は羽生が防衛しちゃいましたね。

1998年2月15日 祝村山八段A級復帰。名人に挑戦してもらいたい棋士の一人ですよねえ。どんなに才能があっても、健康がなければ駄目なのか? 村山八段には是非ともがんばってもらいたいものです。

1998年2月11日 王将戦第4局。佐藤康光負けちゃいましたね。羽生王将の3勝1敗。羽生はやっぱり強い。

1998年2月5日 第56期A級順位戦。残る一人の陥落者侯補として、米長がトップに立ちました。米長は最終の対加藤戦に勝たないといけない。勝ったとしても、井上が島に勝ってしまうと、米長は陥落。米長を助けたければ、島は米長哲学(相手にとって重要な自分にとっての消化試合は特に真剣に勝ちに行かなければいけない)を実践しないといけない。もしも、米長がA級に残留できたら、米長は島に何かおごるべきだと思う。米長を応援する雰囲気が高まる中で、井上が島に勝てるかどうかが一つの見どころです。囲碁の方の棋聖戦は趙棋聖が3連勝のようですね。げげげ、たったの93手で中押し勝ちだ。

1998年2月4日 祝先崎学六段B2昇級


将棋


囲碁


kuroki@math.tohoku.ac.jp (黒木 玄)
.