ホーム規範知の欺瞞運営のヒント推奨文献最近のおすすめ掲示板

日本の統計

関連ページ:推奨文献経済暗闇への跳躍リンク集


失業率と国内総生産

 年度 |失業率|名目GDP(兆円)|名目成長率|実質成長率|インフレ率
------+------+-------------+----------+----------+----------
 1980 | 2.1% |    248.6    |  10.4%   |   2.6%   |   7.8%   
 1981 | 2.2% |    264.0    |   6.2%   |   2.8%   |   3.4%   
 1982 | 2.5% |    277.0    |   4.9%   |   3.2%   |   1.7%   
 1983 | 2.7% |    289.5    |   4.5%   |   2.4%   |   2.1%   
 1984 | 2.7% |    309.6    |   6.9%   |   4.0%   |   2.9%   
 1985 | 2.6% |    330.0    |   6.6%   |   4.2%   |   2.4%   
 1986 | 2.8% |    344.9    |   4.5%   |   3.2%   |   1.3%   
 1987 | 2.8% |    362.0    |   5.0%   |   5.1%   |  -0.1%   
 1988 | 2.4% |    387.8    |   7.1%   |   6.3%   |   0.8%   
 1989 | 2.2% |    416.9    |   7.5%   |   4.9%   |   2.6%   
------+------+-------------+----------+----------+----------
 1990 | 2.1% |    450.5    |   8.1%   |   5.5%   |   2.6%   
 1991 | 2.1% |    474.6    |   5.3%   |   2.5%   |   2.8%   
 1992 | 2.2% |    483.2    |   1.8%   |   0.4%   |   1.4%   バブル崩解
 1993 | 2.6% |    487.5    |   0.9%   |   0.4%   |   0.5%   
 1994 | 2.9% |    492.3    |   1.0%   |   1.1%   |  -0.1%   
 1995 | 3.2% |    502.0    |   2.0%   |   2.5%   |  -0.5%   
 1996 | 3.3% |    515.2    |   2.6%   |   3.4%   |  -0.8%   
 1997 | 3.5% |    520.2    |   1.0%   |   0.2%   |   0.8%   橋本政権
 1998 | 4.3% |    514.5    |  -1.1%   |  -0.6%   |  -0.5%   
 1999 | 4.7% |    513.7    |  -0.2%   |   1.4%   |  -1.6%   
------+------+-------------+----------+----------+----------
 2000 | 4.7% |    513.7    |   0.0%   |   1.2%   |  -1.2%   
 2001 | 5.0% |    503.4    |  -2.0%   |  -1.0%   |  -1.0%   小泉政権(予測値)

以上、『図説日本の財政平成13年度版』 (東洋経済) より。

インフレ率はGDPデフレータ (=名目GDP成長率−実質GDP成長率) で、2001年度の数値はいい加減な予測値 (インフレ率が -1% 程度で実質成長率が -1% 程度になり、失業率は 5% 程度になるだろうという予測)。


インフレ率と失業率の関係

     |
     |   o   o2000
     |1999
 4.5 +
     |
     |              o1998
     |
     |
 4.0 +
     |
     |
     |
     |
 3.5 +                           o1997
     |
     |           o1996
     |              o1995
     |
 3.0 +
     |                  o1994
     |                  *1987         *1986
     |                                        *1983   *1984
     |                        o1993              *1985
 2.5 +                                    *1982
     |                           *1988
     |
     |                                 o1992       *1989   *1981
     |                                         1990* *1991
 2.0 +
      ----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----
             -1.0        0        1.0       2.0       3.0       

               横軸:インフレ率(%)、縦軸:失業率(%)

注意:通常の慣習では、横軸を失業率に取り、縦軸をインフレ率に取るが、上のグラフでは逆転している。

このグラフから、インフレ率が減少すると失業率が上昇する傾向があり、その度合いがインフレ率が下がるほど激しくなることが見てとれる。

特に、バブル崩解後の1992年以降はほぼ一貫して、インフレ率の減少と失業率の増加が同時に起こっている。 1996年から1997年にかけての動きは例外的だが、それは1997年の消費税率アップが原因である。

インフレに関する詳しい説明については、『スティグリッツ入門経済学日本版第2版』 (東洋経済新報社、 1999.4、 2001年ノーベル経済学賞記念におすすめ) の第11章の「フィリップス曲線」の解説と『クルーグマン教授の経済入門』の「インフレ退治のコスト」の節 (92-97頁) を参照せよ。

各国のデータのグラフが『経済セミナー2001年10月号に掲載の原田泰・岡本慎一「日本経済の大停滞とマクロ経済学の5つの法則」 (56-65頁) にある。


実質GDP成長率と失業率の変化の関係

1998      |
    o 0.8 +
          |
      0.7 +
          |
      0.6 +
          |
      0.5 +
          |    1993
      0.4 +   o
          |       1994  1999      1995     1982
      0.3 +          o  o          o      *
          |
      0.2 + o1997             1983*       *1986
          |                          1981
      0.1 +   o1992                   *     o1996
          |            2000                        1984      1987
 ----+----+----+----+-o--+----+----*----+----+----*----+----+*---+----+----+-
        0 |        1.0       2.0  1991 3.0       4.0       5.0        6.0
     -0.1 +                                         *            *
          |                                         1985        1990
     -0.2 +                                                *
          |                                               1989
     -0.3 +
          |
     -0.4 +                                                          1988*

           横軸:実質GDP成長率(%)、縦軸:その年と前年の失業率の差(%)

実質GDP成長率の減少とその年と前年の失業率の差の減少が同時に起こる傾向があることがこのグラフから見て取れる。

詳しくは『スティグリッツ入門経済学日本版第2版』 (東洋経済新報社、 1999.4) の第10章365頁の「オークンの法則」の解説を見よ。

各国のデータのグラフが『経済セミナー2001年10月号に掲載の原田泰・岡本慎一「日本経済の大停滞とマクロ経済学の5つの法則」 (56-65頁) にある。


自殺率の推移

1985年以後の男女別自殺率の推移 (人口10万人比)

 年   男   女                           男 #           女 %
-----------------+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----
1985 26.0 13.1            ########################## %%%%%%%%%%%%%
1986 ??.? ??.?
1987 25.6 13.8            ########################## %%%%%%%%%%%%%%
1988 23.8 13.7              ######################## %%%%%%%%%%%%%%
1989 21.5 13.1                ###################### %%%%%%%%%%%%%
1990 20.4 12.4                  #################### %%%%%%%%%%%%
1991 20.6 11.8                 ##################### %%%%%%%%%%%%
1992 22.3 11.7                ###################### %%%%%%%%%%%%
1993 22.3 11.1                ###################### %%%%%%%%%%%
1994 23.1 10.9               ####################### %%%%%%%%%%%
1995 23.4 11.3               ####################### %%%%%%%%%%%
1996 24.3 11.5              ######################## %%%%%%%%%%%%
1997 26.0 11.9            ########################## %%%%%%%%%%%%
1998 36.5 14.7 ##################################### %%%%%%%%%%%%%%%
1999 36.5 14.1 ##################################### %%%%%%%%%%%%%%
2000 35.2 13.4   ################################### %%%%%%%%%%%%%
-----------------+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----
                     30        20        10         0         10        20

補足:1998年以降自殺率が急増している。その内訳は以下の通り:

 年    総数      健康問題      経済・生活問題
----------------------------------------------
1996  23104    13044 (56.5%)    3025 (13.1%)
1997  24391    14337 (58.8%)    3556 (14.6%)
1998  32863    16728 (50.1%)    6058 (18.4%)
1999  33048    16330 (49.4%)    6758 (20.4%)
2000  31957    15539 (48.6%)    6838 (21.4%)

1996-1998年は健康問題として病苦等と精神障害アルコール症等の人数を合計した。

1955年以後の男女別自殺率の推移 (人口10万人比)

 年   男   女                           男 #           女 %
-----------------+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----
1955 31.5 19.0       ############################### %%%%%%%%%%%%%%%%%%%
1960 25.1 18.2             ######################### %%%%%%%%%%%%%%%%%%
1965 17.3 12.2                     ################# %%%%%%%%%%%%
1970 17.3 13.3                     ################# %%%%%%%%%%%%%
1975 21.5 14.6                ###################### %%%%%%%%%%%%%%%
1980 22.3 13.1                ###################### %%%%%%%%%%%%%
1985 26.0 13.1            ########################## %%%%%%%%%%%%%
1990 20.4 12.4                  #################### %%%%%%%%%%%%
1995 23.4 11.3               ####################### %%%%%%%%%%%
2000 35.2 13.4   ################################### %%%%%%%%%%%%%
-----------------+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----
                     30        20        10         0         10        20

補足:1958年と1983年にピークがあった。1998年以降の自殺率はさらにひどい。

より詳しくは「失業、自殺、犯罪」 (労務屋レポート 2001年5月) を参照せよ。