なんでも2なんでも3HTMLの書き方利用上の注意リンク集ホーム

黒木のなんでも掲示板 (0081)

記事を書く時刻順目次スレッド検索過去ログ最近の記事

各記事の Id ヘッダー行の # から始まる文字列をクリックすると、その記事自身にジャンプします。その記事自身の URL を知りたい場合に利用して下さい。さらに、括弧の中の reply をクリックするとその記事に返事を書くことができ、 thread をクリックするとその記事を中心としたスレッド形式の目次を見ることができます。

Id: #a20030511044521  (reply, thread)
Date: Sun May 11 04:45:21 2003
Name: i-ko
Subject: 品川区の学力テスト結果公表について

黒木さん。
お久しぶりです。以前なんでも2でお世話になったi-koです。

今回は経済ではなくて、数学教育についてちょっと聞いていただきたくて投稿します。こんな低俗な話題をここに書いても良いものかとも思ったのですが、あまりに疑問に思ったので聞いてください。

私の住んでいる品川区では、先日新聞にも載りましたが、中1の品川区一斉の学力テストの結果を公表するそうです。賛否両論があるようですが、学校選択制をとっている品川区としては保護者が学校を選ぶときの資料になればとのことらしいです。でも中1の一番初めにやるテストの結果なのですから、小学校の内容が試されるわけで、その中学には何の関係もないはずなのです。中学を選ぶときの基準になるとは思えません。また、小学校毎の成績も公表されるらしいので、小学校を選ぶ資料にはなるかもしれませんが、それも私立中学にいった生徒が抜けているわけですし、小学校はなんといっても6年と長いので新1年生に入学する親にとってどれだけの資料になるのか疑問です。

また、その数学のテストの内容にも疑問を持ちました。
終わった後、試験を受けた生徒から
「先生、真分数ってなんですか?」と疑問がでたという話を耳にしました。中学ではそのような区別は重視していないはずです。小学校では仮分数はかならず帯分数に直すように指導されているようですが、そもそも帯分数、仮分数、真分数という言葉を知っていることにどのような意味があるのでしょうか?テストには
「以下の分数で、真分数を選びなさい」
という問題がでたらしいです。他の問題は知らないので、それだけで判断してもとは思いますが、はたして真分数がわかっていることで、子供達の学力がわかるのでしょうか?

百ます計算で有名な陰山先生の書いた「学力低下を克服する本」というのを読みました。そこには小学校のどこでつまづいたかがわかるつまづきチェックテストがありましたが、これはよくできていると思いました。どうせならそういう問題をやらせて、その結果を分析して、中学の成績としてではなく、品川区全体の傾向を公表すれば日本の算数教育の資料にもなると思いましたが…。
Id: #a20030510134423  (reply, thread)
Date: Sat May 10 13:44:23 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030504145522
Name: 情報提供
Subject: 左巻さんの日経記事

題記の件、本日(2003.5.10)の日経朝刊に掲載されておりました。
ご参考まで。
Id: #a20030509133305  (reply, thread)
Date: Fri May 09 13:33:05 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030508233243
URL: samaki@ipc.kit.ac.jp
Name: 左巻健男
Subject: 渡辺ダイオキシン本
 左巻健男です。
 やまがたさん、有り難うございました。
 以下をお読みください。

図解雑学 ダイオキシン本の著者の露本伊佐男さん
http://member.nifty.ne.jp/tsuyu/column/w_han.html

 渡辺さん本は科学者らしいクールさがない、きわものでは?
 センセーショナルに煽るのはお上手な文章ですが。

Id: #a20030508233243  (reply, thread)
Date: Thu May 08 23:32:43 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030504145522
Name: やまがた
Subject: ダイオキシン本

渡辺・林「ダイオキシン:神話の終焉」の中では、左巻さんが監修した『図解雑学:ダイオキシン』(ナツメ社)が、「ゴミ焼却炉のポンチ絵を70個もちりばめ、『焼却炉→大気→食品→ヒト』という『わかりやすい汚染ルート』をひたすら印象づけようとした。そして、ダイオキシンを作る主犯は『塩素を含むプラスチック(塩ビなど)の燃焼だ』と決めつけている」(pp.70-71) として批判の対象となっています。

理科教育MLでは、このくだりを見て本を棚に戻したと書かれていましたが、結局お読みになったのでしょうか。こんどお書きになるというゴミの本では、ダイオキシン法の評価とあわせて何らかの言及がなされることを期待し、とても楽しみにしております。


Id: #a20030504145522  (reply, thread)
Date: Sun May 04 14:55:22 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030411133622
URL: samaki@ipc.kit.ac.jp
Name: 左巻健男
Subject: 検定外(新しい科学の教科書3巻)14万部に+ACMπウォーター
 左巻健男です。
 ときどき挨拶代わりに。(^^)
 新しい科学の教科書3巻 文一総合出版 はついに
そろそろできる増刷分をふくめて計14万部に。

 明日日本経済新聞の原稿締め切りで、このあたりの
ことを書くつもりです。今週か来週掲載かな。

 πウォーターは使用者からサンプル提供やACM
とは別のほうの関係者からいろいろ情報提供を受け
ています。
 この前ACMのサンプルの一つで非イオン化性を
簡単に調べてみました。非イオン化性をよくいうよ、
という結果でした。今度内容証明送ってきたらもっ
ときちんと調べて広くその結果を各種掲示板や新聞
雑誌にばらまこうと思っています。
(そうなると身に危険が及ぶかもしれません。)

 それからACMや京洋興業関係が学歴販売業者の
「学位」で権威付けしていることを簡単に次に書い
ておきました。
http://rika.org/archive/rika/200304/msg00229.html

 理科教育MLでは渡辺ダイオキシン本が話題に。
 毒性を煽ったセンセーショナルなダイオキシン本
の一方の極で今度は弱毒性を煽った部分をもった本。
 暇がないので詳しく検討できませんが。今にゴミ
問題の本をつくる予定なのでそこで検討したいと思
っています。


 

Id: #a20030430041231  (reply, thread)
Date: Wed Apr 30 04:12:31 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030429153454
Name: BUNTEN
Subject: なぜにID?

うーみゅ。

これって、そんなややこしいタグじゃなくて、レンタルビデオ店とかで使われているシールの変形でなんとかならないものなんだろーか。特定の波長の電波を吸収する回路を表紙とかに埋め込んでおくのだが、書店のバーコードリーダー(改)が出す強力な電波で共振回路のヒューズが飛んで吸収する波長が変わるので支払い済みかどうかは書店の出入り口でチェック可能…とかやれば、なにもこんなややこしいことせんでも万引き防止できるやんとか思うのは俺だけか?(^_^;)

なお、ヤマカン三秒で思いついたこの方法が実現可能かどうかは不明。実現可能だったら、掲示板で公開なんかしないで特許申請しときゃよかったといって悔やむことにしよう。(笑)

Id: #a20030429153454  (reply, thread)
Date: Tue Apr 29 15:34:54 2003
Name: 崎山伸夫
Subject: RFID反応リンク集 - 高木浩光さんの日経デジタルコア記事から派生した反応リンク集

高木浩光さんの記事への森山和道さんのコメントから派生したいろいろが集められてます


Id: #a20030423231914  (reply, thread)
Date: Wed Apr 23 23:19:14 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030423220735
Name: ブタネコ
Subject: ピンポン

この本のp.148 がそう推測してます。それ以外にも12面体ヲタクには素晴らしい本。
Id: #a20030423220735  (reply, thread)
Date: Wed Apr 23 22:07:35 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030423155040
Name: drake
Subject: アンサー to クイズ

『世界で』最初か自信ないが ・・・ ひょっとして、数直線をチョッキンした この人

Id: #a20030423215407  (reply, thread)
Date: Wed Apr 23 21:54:07 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030423155040
Name: やまがた
Subject: 初の講義
だれって、ガロアじゃないんっすか?


……あ、でも決闘前でそんな暇なかったか。

Id: #a20030423155040  (reply, thread)
Date: Wed Apr 23 15:50:40 2003
Name: ブタネコ
Subject: クイズ

世界で最初にガロア理論の講義をした、めじゃーな数学者は誰でしょう?
Id: #a20030413114850  (reply, thread)
Date: Sun Apr 13 11:48:50 2003
Name: 田崎晴明
Subject: イラク戦争 ─ イスラマバードから

Hoodbhoy 氏が、イラク戦争の「終結」の直前に書いた「イラク戦争 ─ イスラマバードから 」を筑波大の首藤さんが訳されたので、公開しました。 訳へのコメントなどがありましたら、首藤さんにでも私にでもご連絡いただければ幸いです。
Id: #a20030411220643  (reply, thread)
Date: Fri Apr 11 22:06:43 2003
Name: まきの
Subject: 国立大学法人法案に反対する意見広告の会

というものが発足したそうなので、紹介というか宣伝というか。
Id: #a20030411210358  (reply, thread)
Date: Fri Apr 11 21:03:58 2003
Name: くろき げん
Subject: i と e の話、新しい科学の教科書3巻

久々に自分のところの掲示板を見たら「i と e の話」とあったので「eπi + 1 = 0」とかの数学の話題なのかと一瞬思ってしまった。一瞬だけだけど。

「agnes-b」のイメージの検索。ロゴはこここれなんかは見易いかな。あとこれとか。確かに i に見えるな。

東北大学理薬生協書籍部にも『新しい科学の教科書』三巻が入ってました。平積みになっていた。売れているみたいですね。


Id: #a20030411140435  (reply, thread)
Date: Fri Apr 11 14:04:35 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030407112417
Name: 中野太郎

Google で "agnis b" を検索すると約 5000 件ヒットしますね。
やはり日本語のサイトが多いようです。
"agnes b" だと約 630000 件。

Google API を使えばこの方式で「多数決によるスペルチェッカー Web サービス」が作れるなー。(要らないけど)


Id: #a20030411133622  (reply, thread)
Date: Fri Apr 11 13:36:22 2003
URL: samaki@ipc.kit.ac.jp
Name: 左巻健男
Subject: 検定外(新しい科学の教科書3巻)は10万部超に
 またまた宣伝ぽくなり申し訳ありません。

 新しい科学の教科書3巻(文一総合出版)は決定した増刷をふくめ
ると計10万部を超えます。2か月半でこのスピードですのでいった
いどこまでいくのやら…(下手すると返本の山ですが、実際に売れて
いるようです)。

 パイウォーターのほうもサンプルやら資料なりがそろってきました。
表に出ない山下昭治氏を利用しながら山下氏のパイウォーターとは別
物になっているようです。ACMや京洋興業の陣営ではないほうのパ
イウォーター関係者の話が非常におもしろかったです。
 こんなことに首をつっこむと危害が加えられるかもしれないので恐
いです。(^^;

Id: #a20030407112417  (reply, thread)
Date: Mon Apr 07 11:24:17 2003
Name: 品川徹
Subject: あ、そうだったんですね!

iとeの話。
いや、同じく勉強になりました。
アクサンでしたか。まったく勘違いしてました。へー。
ドコモの首を取った気分でいっぱいだったんですけど(笑)。
もちろん正解は・・・とか言ってて恥ずかしい限りです。
Id: #a20030406183407  (reply, thread)
Date: Sun Apr 06 18:34:07 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030406070531
Name: やまがた
Subject: あ、ぼくもかんちがいしてた。
そうか、ロゴの i に見えるのは、縦長につぶれたeにアクサンがついてる
ものだったのか。勉強になります。

Id: #a20030406133218  (reply, thread)
Date: Sun Apr 06 13:32:18 2003
Name: ときた
Subject: Jean-Claude Kaufmann

今の事態について、おとといのル モンド で、Jean-Claude Kaufmannが。
Jean-Claude Kaufmann(面貌付)は、独身とか男のすけべとかをテーマに社会学してるけど、極右が大統領選で決戦にとか、重大局面で呼び出され、あたりまえのことをきちんと論述という、学会えらいさんの役目を果たしてる。
Id: #a20030406100511  (reply, thread)
Date: Sun Apr 06 10:05:11 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030406070531
Name: ぶたねこ@携帯さわったことない
Subject: 無邪気な娘

Agnèsはモリエールの女の学校 に出てくる人物で、faire l'Agnèsはおぼこ娘のふりをすること。
たぶんagnus-Die神の小羊と関係するのでは?
Id: #a20030406070531  (reply, thread)
Date: Sun Apr 06 07:05:31 2003
Name: 情報
Subject: 誤変換ではないのでは

「agnès b」なので、アクサングラーヴはないとはいえ、誤変換とまではいえないとおもいます。もしや筆記体ロゴのアクサンを、「i」の上の点の部分と勘違いしているのでは。

以上訂正まで。


Id: #a20030405210408  (reply, thread)
Date: Sat Apr 05 21:04:08 2003
Name: 品川徹
Subject: docomoの誤変換

今日気づいたんですけど、docomoの携帯電話って、
「あにえす」で変換すると「agnes b」ってゆー誤変換をやらかすんですね。
もちろん正解は「agnis b」なわけですが。

Id: #a20030405195955  (reply, thread)
Date: Sat Apr 05 19:59:55 2003
Name: ときた
Subject: サイード

今日のガーディアンにバレンボイムと。
前の号のアルアハラム にも。
サイードの顔がこけぎみなのを見ると、闘病生活が長かったバレンボイムのつれあいだった デュプレのことなんかも連想する。
Id: #a20030405095348  (reply, thread)
Date: Sat Apr 05 09:53:48 2003
Name: kaeru
Subject: 重症急性呼吸器症候群(SARS)について

ネットでSARS関連のHPを100以上調べた結果の報告。 ハノイでは、SARSの感染を予防するため、マスクの着用、消毒の徹底、手洗いとうがいを励行したところ、患者が激減したそうです。 日本国がSARSの惨禍から逃れるには、神様に祈るしかないのでしょうか?。 是非、下記のHPを訪問して下さい。 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/photo/sars/
Id: #a20030404151148  (reply, thread)
Date: Fri Apr 04 15:11:48 2003
Name: よしだ
Subject: Abel 賞
今年から始まった Abel 賞の第1回受賞者が

Jean Pierre Serre

に決まったそうです.

http://www.focm.net/gi/oslo0203/AbelPris/Abel%20prize%202003/Abel%20prize%202003.html

Nobel 賞に比べ,ずいぶんつつましいですね.

Id: #a20030402121543  (reply, thread)
Date: Wed Apr 02 12:15:43 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030322213713
Name: 山本晃司
Subject: イラク民間人の犠牲者数を集計するウェブサイト

www.hotwired.co.jpより

イラク民間人の犠牲者数を集計するウェブサイト
Leander Kahney

2003年3月28日 2:00am PT  イラク戦争で亡くなった民間人の数を、随時集計しているウェブサイトがある。多くのトラフィックを集めており、この痛ましい問題についての権威ある情報源となりつつあるようだ。

 このサイト『イラク・ボディー・カウント』によれば、同サイトには1日平均10万人の訪問者があるという。また、『ボストン・グローブ』紙や『サンノゼ・マーキュリー・ニュース』紙、AP通信などのニュースメディアでも、同サイトの数字が引用されるケースが増えている...

Id: #a20030330151757  (reply, thread)
Date: Sun Mar 30 15:17:57 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030330130850
Name: ときた
Subject: 数学ロボット

三省堂の高校数学教科書の著者の吉田一さんが、LOGOで動き、模造紙の上にボールペンでマークしながら進む亀を販売してたのが15年前。
今、何をしてるかな?一台大磯小に寄贈したことも。
Topological modeling for visualization / A.T. Fomenko, T.L.Kunii1997 Springer TokyoのFomenkoは、極小曲面やシンプレティックのフォメンコだけど、身体の動きなんかを解析する本。
バタフライロボットなんかを自作してMathematicaで制御している国立スポーツ研の宮地力さんが数学ヲタになったのは、新宿高校に大西さんという数学教師がいたからで、数セミの西川さんと似た事情。
まあ、うちの塾にも複素数を入れたら回転伸縮(Drehstreckung)したり、純虚4元数で空間回転する小僧ロボットがあったらいいが。
岩掘長慶が岩波から『数と図形の話』(学校図書室が買わないから絶版)で、クレーンの玩具二つの操作が、一つの操作に合成可能をたのしく見せ(岩波映画倒産以前、カメラのスタッフも豊か)、東大文系 金沢 千葉とそのまま出題されても、学校現場は反応せず紙屑問題集ばかり。

Id: #a20030330130850  (reply, thread)
Date: Sun Mar 30 13:08:50 2003
URL: http://www.chiga.com/robo/
Name: Aratori
Subject: 小中学生のためのプログラミングロボット
はじめまして。京都市在住です。
なぜか、「ロボカップジュニア 掲示板 京都 子供」と検索して
ここにやってきました。
のんびりした話題かもしれませんが、家庭内ではせっぱつまっています。
実は息子(小6)が今年から始まるらしい大阪でのロボカップジュニアに
出場したいのですが、チームメイトがいません。

小学校6年位になると子供の個性ははっきりしてきて、また時代の流れは
専門化ですので、早期専門教育(職業教育ではありません)が必要だと
思うのです。が、日本の教育は逆にそのころから、非専門化さす、という
ところがあるのはよくないと思っています。息子には、ものづくりを通して
学習してほしいと常々思ってきて、またなるべくそうさせてきたのですが、
小6になった今、プログラミングロボットを使った教育はちょうど
うってつけです。しかし、この辺りでは、まだほとんど知っている人、
関心のある人はいません。またそんな場がありません。

何とかチームメイトを探そうと思い、以下のサイトを開きました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
京都プロロボサークル
http://www.chiga.com/robo/
京都プロロボサークル(京都プログラミングロボットサークル)は、
Web site上の非営利サークルです。ロボット作りに熱中したい小中学生の
みんなは、メンバーに登録して、住所や学年が近い仲間をさがそう!
メンバーの自己紹介を見て、近い学年、近い住所でメールを送り声を
掛け合いチームメイトを組んだり、小サークルを作る、という趣旨です。 
――――――――――――――――――――――――――――――――――

もし、京都市とその近くの、工学マインドのあるお子さんを
ご存知の方は、上記URLを伝えていただければ幸いです。

Id: #a20030330100820  (reply, thread)
Date: Sun Mar 30 10:08:20 2003
URL: samaki@ipc.kit.ac.jp
Name: 左巻健男
Subject: 検定外中理教科書3巻目書店に
 『新しい科学の教科書III』(文一総合出版 \1200+tax)
が書店配本されました。
 これで3巻が完結しました。

http://rika.org/archive/rika/200303/msg00273.html

 IIIは一番ページ数もあり、学習指導要領から削減された内容
(仕事、力の平行四辺形、イオン、遺伝、進化など)を入れる
と共に「私たちと科学・技術」で現代の課題にチャレンジしま
した。

#今発売中のアエラ4/7に紹介されているようです。
 →リード文:大人がはまる「検定外」/数学、理科教科書が好
調で出版元もびっくり/新学習指導要領に、怒り爆発の教育者た
ちが「検定外」教科書を作った。売れ行きも上々だが、買って
ゆくのは子どもたちだけではないようだ。
#3月20日の読売朝刊(大阪本社版だけかも)に連載「H20の話」
の4回目がありますが、その記事内容は「怪しい水」でした。
 ぼくも記事の中でコメントしています。

Id: #a20030329091757  (reply, thread)
Date: Sat Mar 29 09:17:57 2003
Name: りーどおんりーめんばー
Subject: 9・11

同じような内容のことが既に話題にあがっているかもしれませんが,田中宇の国際ニュース解説

見えてきた911事件の深層

というのがありました。今回のイラク侵攻と無関係では無いはずなので。

#私はこの記事のことをセキュリティホール memo(の 2003.03.28)で知りました。

Id: #a20030325232509  (reply, thread)
Date: Tue Mar 25 23:25:09 2003
Name: mattn
Subject: アート云々

初めまして。ふとした事でこちらのサイトに行き当り、数日前よりちょくちょく覗かせて頂いております。
ところで、すこし前の「アート云々」の件について、最初にこの単語を目にした瞬間、私はてっきり「孫子の"兵法"」に基づき論が展開されるのであろうか、とすっかり早とちりしてしまいました。同書のことを英語では「The Art of War - Sun Tzu」と言いますゆえ。。。

この投稿は特に批判とか議論のためでは無いと理解しておりますので、とりあえず今回は自己紹介を省かさせてもらう失礼をお許し下さい。
Id: #a20030325001844  (reply, thread)
Date: Tue Mar 25 00:18:44 2003
Name: 山本晃司
Subject: イラク戦争の陰で

以前,科学のサークルにおけるイスラエル・ボイコットに関する情報を投稿した山本晃司です.

世界の目がイラク情勢に注がれている中で,パレスチナ支援のNGOやイスラエルの平和団体はこれからヨルダン川西岸及びガザ地区で何が起こるかを恐れています.12年前の湾岸戦争では占領地には6週間にわたる外出禁止令が出されて,食料も医薬品もなくなり,病人や出産間近の妊婦が病院に行くこともできませんでした.現在,このような状況はほとんど日常化していますが,それがさらに厳しくなることが恐れられています.

現在の占領地の状況は過去2年あまりの紛争の影響で12年前よりもはるかに悪くなっています.村々は封鎖のために経済的に窒息状態で,買いだめの余裕さえありません.

さらに恐ろしいシナリオは,パレスチナ人の強制移住が行われることです.すでにグリーンライン(1967年以前の国境)周辺ではイスラエルと西岸の分離壁の建設のため多くのパレスチナ人が家を破壊されています.先週には,エジプトとガザの国境の町ラファで,家屋破壊に抗議する活動をしていたアメリカ人活動家,レイチェル・コリー(23)がイスラエル軍のブルドーザーに轢き殺される事件も発生しました.さらに,現内閣に入閣した極右政党はパレスチナ人を近隣諸国まで追放することを主張しています.

イラク戦争は中東全体を揺り動かしていますが,特にパレスチナ人は身に覚えのないつけを払わされようとしています.私の協力しているNGOパレスチナ子どものキャンペーンでは,現地の情報提供と,イスラエルやパレスチナのNGOとの協力による緊急援助を計画しています.

イラク情勢の影で,生活と生命を破壊されようとしている人たちが他にもいることを知って,関心を持っていただきたいと思います.

Id: #a20030324234746  (reply, thread)
Date: Mon Mar 24 23:47:46 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030324222141
URL: http://page.freett.com/shamon/
Name: ほつま
はてなアンテナをいくつか落としておきます。

戦
http://a.hatena.ne.jp/iraq_war2/simple
http://a.hatena.ne.jp/ehanashi/simple
http://a.hatena.ne.jp/agent_007/simplehttp://a.hatena.ne.jp/genko/simple
http://a.hatena.ne.jp/hjkm/simple
http://a.hatena.ne.jp/hotsuma/simple

Id: #a20030324222141  (reply, thread)
Date: Mon Mar 24 22:21:41 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030322213713
Name: あくび
Subject: Re: 軍事技術情報

Special Warfare というのを発見. war history もまとまっています. イラン・イラク戦争クルド人問題も.

正当性なき米国のイラク攻撃を改めて読みかえしながら考えた上で, 今回の戦争は「対テロ」どころか「テロ」や国際粉争をますます拡散して, 大量破壊兵器をもさらに拡散させてしまうのではないかと懸念します.

今回の戦争では, クルド人のいる北部の動きも気になります. トルコも, 昨年「民主的」なプロセスで出来たのがイスラム系の政権で, その政権の判断が米軍の駐留拒否です.

クルド人については, NHK週刊こどもニュースの解説, peace winds による FAQ(クルド編), tanakanews.com の 世界をゆるがしたクルド人(上), クルド人問題(下)オジャランの悲劇 などを. さらに, クルド人問題研究がよくまとまっています.


Id: #a20030323005320  (reply, thread)
Date: Sun Mar 23 00:53:20 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030322213713
Name: きくち
Subject:

>イラク軍投降の話を聞くたびに、「こんなアホな戦争で無駄死にしちゃいけない」と考えて、ほっとしてしまう私 はもしかして甘い?

私もほっとしますけどね(^^;
んー、ブッシュの戦争には絶対反対だが、といってフセイン支持ではもちろんないわけで、始まってしまった戦争ならなるべく流血は少なく終わってくれることを祈る・・・というところです。甘いですかね

Id: #a20030322213713  (reply, thread)
Date: Sat Mar 22 21:37:13 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030322041322
Name: くろき げん
Subject: Re: 軍事技術情報

おお、これは確かに便利なサイトだ。情報提供さん、すばやい情報提供どうもありがとうございます。

イラク軍投降の話を聞くたびに、「こんなアホな戦争で無駄死にしちゃいけない」と考えて、ほっとしてしまう私はもしかして甘い?


Id: #a20030322041322  (reply, thread)
Date: Sat Mar 22 04:13:22 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030322034234
URL: http://www.kamiura.com/
Name: 情報提供
Subject: 軍事技術情報
軍事技術情報の記載も多く、主に「軍事通信員報告」のリンク情報も便利。

Id: #a20030322034234  (reply, thread)
Date: Sat Mar 22 03:42:34 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030321124307
Name: くろき げん
Subject: shinya さんへ

私も正直言って shinya さんが「イラク攻撃がついに始まってしまいました。そして今僕が考えるのはアートのあり方です。……そしてアートはこの事態にいかに対応していけば良いのでしょうか?……」のような言い方を見て、「こりゃだめだ」と感じてしまいました。まず、 shinya さんが語るところの「アート」なるものが何であるのか、私にはさっぱりわからないし、理解する必要も感じません。

そして、アメリカのイラク攻撃が重大事だと思えば思うほど、 shinya さんがまぬけでかつ嫌な奴に見えてしまうのです。

ここが結構怖い場所であることを認識せずにやって来て、以上のような印象を残す発言を繰り返すというひどい失敗を犯してしまったことを、 shinya さんは早く認めた方が良いと思います。おそらくここでの発言はもうひかえた方が良いでしょう。言い訳するのも危険なので止めた方が良いです。ダメージが増えます。

P.S. アメリカのイラク攻撃に関係する軍事的な知識が得られる便利な場所があれば情報提供希望。野尻ボードよりも強力な場所はどこにありますかね? 別件で色々忙しくて自分で探す暇がない。どなたかよろしく。別の話題に移ると私も shinya さんも助かります。


Id: #a20030321134141  (reply, thread)
Date: Fri Mar 21 13:41:41 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030321124307
Name: ブタネコ
Subject: ロマン主義

げ〜じつ 至上主義は 人間です。
ぶっしゅ さんは おしゃる です。
ロマン主義と軍国主義といえば、ヒトラーの合理主義に消えたポーランドでしょうか。
有斐閣選書 東欧現代史('87年初版)は5章全体をポーランドのロマン主義にあてています。

保田與重郎と日本浪漫主義ですか?それはうわべで、陸軍は今の土建屋、フセインが国民を固めてるんだって、バース型の利権誘導でしょう。
Id: #a20030321124307  (reply, thread)
Date: Fri Mar 21 12:43:07 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030320234618
Name: shinya
Subject: 山形さんへ。

いや、それはおかしいんじゃないですか?山形さんの仰るガムテープもいちごジャムも普通にス―パーの中に置いてある商品として存在するのです。それは価値形態の中でしか存在しないようにまた資本主義の枠組みの中にある。だとしたら今回の空爆がアメリカとイギリスという資本主義国家が中心になってやっている限りガムテープやいちごジャムも無関係とはいえませんよ。

そしてアートがアートの枠の中でしか存在できず他との関係を切り離したところで存在すると考えているのならそれは違うと思います。もちろんアートももはや商品として存在する時代だし、おそらく山形さんの仰ることは商品としてのアートに一体なにができるのか?といったところなのでしょう。

>アートはこの事態について何ができるか、なんてことを考えてしまうことは、
>単に「アート」とやらの自信のなさの裏返しでしかないことをよく悟ってくだ
>さい。

いや僕はいかに対応するかと書いただけであくまで関係の話をしているのですよ。唐突にどう事態を変えていくかとは書いてません。レスして頂いたのは大変うれしいのですが山形さんの推測はあまりに固定観念に囚われすぎている。
(アートにはくをつけたがっているなんて推測がどっから出てくるのか理解
に苦しみますね)

僕が今回の事態で言いたいことを別の表現でまた述べてみます。ブッシュ大統領のあたかもイラク空爆に絶対の根拠があるんだという考え方がどう考えても一昔前の芸術至上主義とかぶってしまうところがあるような気がする。これはすぐに聖戦だと言ってしまうフセイン大統領の言説にも言えることです。

今回の事態はロマン主義を強引にこの時代にもってこようとしているように思える。それはアートの中でいったらあきらかに後退です。物語をあまりに暴力的に盲目的に語ろうとしている。それではアートはいかにこの事態に対応していけばいいか?もちろんアートが今、即刻この事態に対して対処できるなんて考えてませんよ。しかし対処できないからといって無関係であるとは言えないでしょう。逆に関係あるのに関係ないふりをしているのは卑怯だと思いますね。関係ある限り問い続けていくしかないのではないか?僕は今回アートについて言いましたが、それはアートがこの事態に無関心であるかのように振舞うことを懸念しているからです。でもアートを特権的に捉えて考えてるわけではないですよ。しかし山形さんのようにアートは無力だからなにもできないと考えている人が多いから疑問を投げかけているまでです。
Id: #a20030321101520  (reply, thread)
Date: Fri Mar 21 10:15:20 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030320154328
Name: いなば
Subject: 小泉義之がまだまともだった頃

人間としての使命は、飢えた子供に水や食物を与えるということであるが、文学者としての使命は、飢えた子供にも文学の喜びを分かち与えるということであろう。だから文学者としてのサルトルは、飢えた子供にとっても『嘔吐』は面白いのかと問うべきであった。そして、異議申し立てという形式で文学を延命させようとするのではなく、いかに悲惨な状況においても文学は精神の力になると言い切るべきであったのだ。

小泉『デカルト哲学のすすめ』講談社現代新書26頁
Id: #a20030321001452  (reply, thread)
Date: Fri Mar 21 00:14:52 2003
Name: nbsakurai
Subject: 科学的世界観

 (* この場の雰囲気が充分にはつかめてはいないのですが、思い切って投稿します。 *)
 (*      不都合がある場合は、遠慮なく削除していただいて結構です。        *)


  科 学 的 世 界 観

        ―― 科学的知識に基づく 世界の統一的把握と その帰結及び限界 ――

      http://www.geocities.jp/nbsakurai/


 われわれの住むこの宇宙は、どのようにして始まったのであろうか。そのなかで生命はどのようにして生まれ、人類はどのようにして誕生したのか。自分はどこから来てどこへ行くのだろう。自分の生きているこの世界はどのようなものであり、そして自分とは何なのか。人生の目的や意味はどこにあるのだろうか。運命のようなものですべてのことが決定されているのだろうか。……。

 私がここで試みたのは、科学的な知識や事実をもとにした、世界の統一的な把握である。私はここで、科学的な知識を一定の方針のもとに収集し、それをある枠組みを使って整理し、集約し、体系化し、そうすることによって世界についての統一的な理解を得ようと試みた。

 現代の科学は、様々な個別科学に分化して研究されている。細かく分化することによって、それぞれの科学はより深く、より精密になってきた。しかしながらその結果として、その間の連絡は疎遠になり、世界の統一的理解からは次第に遠ざかってきた。個別科学が、その対象とする領域でいかに精密な理解に到達したとしても、個々の分野を理解するだけでは、世界観として不十分である。細かく分けられたそれぞれの分野で得られた個々の知識を総合することによって、はじめて、世界の全体としての統一的な理解が可能となるであろう。

 三つの小世界についての科学的な知識の集約は、科学的知識の単なる要約には留まらず、やがてわれわれをある統一的な世界の理解へと導く。それぞれの個別科学のもつ意味や意義は、世界の全体についての統一した見方を持ったうえで評価するのでなければ、正しく理解されたことにはならないであろう。そして世界についての統一的な理解は、われわれにある一定の帰結をもたらす。

 最後にわれわれは、そのようにして得られた世界についての統一的な理解とその帰結とが、どのような意味をもち、どのような根拠によって正しいのかを検討する。世界についての統一的な理解は、最後には科学的な知識によるという制約からも自由になる。そのようにして批判的に検討されることによって、科学的世界観はより一層広い地平に立つものとなるであろう。



 ぜひとも、意見・批判・指摘・感想等をお寄せいただきたい。関心のある人との議論を通じて、さらに内容を深化・発展させていくことができれば幸いである。


Id: #a20030320234618  (reply, thread)
Date: Thu Mar 20 23:46:18 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030320154328
Name: 山形浩生
Subject: それではだめです。

あなたのお書きになっていることは、かなりおまぬけだ、とぼくは思います。それはあなだだけではなく、アートとか、文学とか、その手の方面の方にきわめてありがちなおまぬけさなのですが。そしてそれは、目新しいおまぬけさですらなく、本当に古くさいおまぬけさなのです。

そしてアートはこの事態にいかに対応していけば良いのでしょうか?アドルノに「アイシュビッツの後で詩を書くことは野蛮である」という有名な言葉があります。もはや「物語」を「物語の白痴」(中上)のように歌うことは許されないと僕は思います。それほどまでにアートは後戻りの出来ない状況にあるのではないかと思います。

……とあなたは書いておられます。が、たとえばここの「アート」という言葉を、「CDラジカセ」とか「いちごジャム」とか「出張精算」とか「指圧」とか「ガムテープ」に入れ替えてみてください(その場合、途中の「詩」とか「物語」は適当に読み替えればよいかと)。いちごジャムについて、「この事態にいかに対応すべきか」などと悩むやつはいません。この事態でもはや昔のように、出張精算書に領収書を添付することはできない、なんて思うやつもいません。指圧が後戻りできないとか思うやつもいません。世の中には、「この事態」とやらと関係なくてもかまわないものがいくらでもあります。それでも、だれもいちごジャムに価値がない、なんてことは思いません。いちごジャムや出張精算は、そういう場でそういう風に価値を持っているのではないのです。なぜアートとやらは、自分が「この事態」に対して何か関係あるふりをしたくてたまらないのでしょうか。どうせ何もできないくせに。これまでなにもできたためしもないくせに。

そうやって、アートはこの事態について何ができるか、なんてことを考えてしまうことは、単に「アート」とやらの自信のなさの裏返しでしかないことをよく悟ってください。いちごジャムがそんなことを考えないのは、いちごジャム関係者が、いちごジャムがどういう状況で何のために役立つかよく知っているからです。アート関係者が「この事態」なんてことを心配してみせたがるのは、実はそうやることでアートにハクをつけようといういやらしい性根の裏返しでしかありません。そういう「大きな」問題と自分のやってるアートが関係していると思いたい(そしてそれによって自分が重要だと思いたい)、そしてそれによって、自分が実は何の役にもたってないんじゃないか、という不安を塗り隠したいという心の働きだけがそこにはあるのです。そしてそうするたびに、アートや文芸や、その他の本当の意義はかえって衰弱し、死ぬのです。

 アートも文学も結構なんですが、それが本当に何をこれまでなしとげてきたかについて、よく考えられるよう切望いたします。ぼくは最近「たかがバロウズ本。」という本で多少なりともそれをやったつもりではあります。なにやら時事的な顔をしてみせることに価値があるという妄想には捕らわれないでください。それは例えば酒場で、なにやら国際情勢論をぶってみせることで自分がさもえらいかのような自己満足に浸っているおっさんと同じです。ガムテープがイラク爆撃と何の関係もなく、それに対して何の影響も持たないように、アートや文学がイラク爆撃と何か関係を持つことはたぶんないでしょう(いずれイラクに空爆文学なんてのができたとしても、です)。それでも文学やアートに価値がある、と胸を張れるようになるにはどうすべきなのか、考えていただければ、と思います。こうした粗雑な思いつきを書き散らすのではなく。今後のますますのご研鑽をお祈りいたしております。


Id: #a20030320201716  (reply, thread)
Date: Thu Mar 20 20:17:16 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030320154328
URL: shinyaokimoto@hotmail.com
Name: shinya
Subject: すいません。
shinyaです。すいません。
レスした場所がおかしいですし、内容も科学とは違うことを書いてしまった
ようです。割り込みレスになってしまいました。申し訳ないです。

Id: #a20030320154328  (reply, thread)
Date: Thu Mar 20 15:43:28 2003
Name: shinya
Subject: 初めまして。そしてアートの行方。

 初めて投稿します。shinyaと言います。フォークナーと中上健次を勉強しています。僕のサイトの方では読書会を計画しています。なにをやるかはまだ決まってません。大学は今年で卒業します。四月からは社会人です。どうぞよろしくお願いします。

 さて、イラク攻撃がついに始まってしまいました。そして今僕が考えるのはアートのあり方です。ブッシュ大統領やフセイン大統領を見ているとやはり愛国心にがんじがらめになっているのではないかと思います。もちろん自分の住む国を愛するのは構わないのです。ただ特にブッシュ大統領が言う「イラク国民を解放する」とかといった言葉を聞いていると同一性の暴力があるのではないかと思います。というのも「イラク国民を解放する」という言葉自体に中上健次の考え方を借りるなら「物語」を見ることができます。しかしイラク国民にも様々な人々がいるわけです。それを単一な存在として扱うことに疑問を感じます。今回の戦争はイラク情勢の多様さ(周辺諸国の反応などを含めて)を無理に単純化してしまうブッシュ大統領の言説に大きな問題があるのではないかと僕は思います。

そしてアートはこの事態にいかに対応していけば良いのでしょうか?アドルノに「アイシュビッツの後で詩を書くことは野蛮である」という有名な言葉があります。もはや「物語」を「物語の白痴」(中上)のように歌うことは許されないと僕は思います。それほどまでにアートは後戻りの出来ない状況にあるのではないかと思います。そして今回の米英軍の攻撃も、もう前近代的な戦争ではない。もはや技術を駆使した近代的な攻撃だと思います。しかしその近代的な攻撃に絡めていまだに「物語」を盲目的に語ろうとする現在の状況はもはや暴力としか言いようが無い。ここに激しい不安を感じます。アートにとっても重大な問題を投げかけていると思います。

長々と申し訳ありません。  shinya 
Id: #a20030311030602  (reply, thread)
Date: Tue Mar 11 03:06:02 2003
Name: くろき げん
Subject: 3/11(火)の朝から数日間ここにアクセスできなくなる

3/11(火)の朝から数日間ここにアクセスできなくなります。

http://zakuro.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/keijiban/a.html
を用意しておきましたが読むだけで記事を投稿することはできません。


Id: #a20030310123854  (reply, thread)
Date: Mon Mar 10 12:38:54 2003
URL: samaki@ipc.kit.ac.jp
Name: 左巻健男
Subject: ACMパイウォーターに関連して
 先日ブルーバックス4冊の企画打ち合わせで講談社に行って
きたとき、最近のブルーバックスのヒット(10万部発行)で
ある日本化学会編『化学・意表を突かれる身近な疑問』をもら
ってきました。
 この本173pに

息子「いつか〈πウォーター〉っていうものの話を聞いたこと
があるんだけど、それはどうなの?」 
父親「お父さんも話は聞いてるし、そんな本も出ているらしい
が、〈アルカリイオン水〉よりもあやしそうな話だ。なにせ能
書きには〈従来の科学では理解しがたい未来科学である……〉
なって書いてあったりする。(中略)科学っぽい話につい乗っ
てしまう人が多いんだなあ。お前も理科をちゃんと勉強しなく
ちゃ、大きくなって損するかもしれんぞ」

 というのがあります。
 インチキ商品の解説は用語は科学っぽいのですが、解説の展
開はインチキなんだよなあ。

 新しい科学の教科書3 は今月末に書店に並ぶように印刷所
に入れる事ができました。3がいちばん読み応えがあるかもし
れません。初版で3万部刷れと言ったのですがどうしたか…。

Id: #a20030310005602  (reply, thread)
Date: Mon Mar 10 00:56:02 2003
Name: くろき げん
Subject: 3/11(火)から数日間ここにアクセスできなくなります

重要:3/11(火)から数日間のサーバー停止

明日の3/11(火)から数日間、作業のためサーバーを停止させます。
したがってそのあいだここには誰もアクセスできなくなります。


Id: #a20030309150047  (reply, thread)
Date: Sun Mar 09 15:00:47 2003
Name: ブタネコ
Subject: 小波さんの授業はニセ学可能かな?

今どきめずらしく、経済思想の本なんか読んでる一浪の女性で京都の経済に受かったのがいるんだけど、
現代科学技術概論的なよい本なり、講義にであえればいいのだけど、京都方面ではどうなんでしょうね。
実験なんかなんもしないブランンド女学校出だと、帝大生でも中学の再履修かな、左巻さんの教科書を飲み屋で読んでたら、大男の著者に絡まれるかも?
Id: #a20030305002554  (reply, thread)
Date: Wed Mar 05 00:25:54 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030301214459
Name: 田崎晴明
Subject: 現場に配りたい

ブタネコさま、(と書きつつお顔を思い浮かべておりますが、確かに違和感がない)

おほめに預かり光栄です。 時々、物理問題選集みたいなのでうちの問題をみかけることはあるのですが、確かに、マイナーな出版社のものかもしれない。

がんばっているのは、おいらです。

というのは、嘘で、ぼくは自分の入試問題にはまだまだ不満をもっているのでした。

いかに弱小私学とはいえ、さすがに入試問題作成の内情を書くわけにはいかないのですが、小さいだけにみんなで一生懸命つくっている、くらいは申し上げていいでしょう。 「そこをごまかさないでちゃんと計算すると、こうなって結果がちがってくるよ。ぼくの本に書いてある。」とか「待てよ、その装置を本当に作って動かすと、電子は跳びませんよ。だって・・」とか「そこの『が』はむしろ『は』でしょう」とか延々とやりあっています。 個性も専門もちがうメンバーがあつまって全員で物理のジェネラルな話題について本気で議論する場であり、実は、ロゲルギストエッセイ的なのりもあって、けっこう楽しかったりします。

むかし、とある大きな大学の人から、物理の入試問題は理論屋だけが作ることになっていると聞いたことがあります。 これは、ぼくの経験からすると、まったくアホらしい方針です。 問題作りのセンスに実験家も理論家もありません。 というより、うちなんかだと、実験の人で猛烈にセンスのよい入試問題を作る人がいて、ぼくはいつもひたすら感心しているのでした。


Id: #a20030304114646  (reply, thread)
Date: Tue Mar 04 11:46:46 2003
Name: ブタネコ
Subject: 惑星探索 シャトル

しろうとの質問です
http://planetquest.jpl.nasa.gov/TPF/tpf_project.html
にある、望遠鏡の編隊飛行+干渉装置って素晴らしいアイデアに思えますが?
こういうので、もっと大きな望遠鏡を打ち上げるとき、シャトルではなく、リニアモーターの登り専門コースターのが省エネでは??
Id: #a20030303004005  (reply, thread)
Date: Mon Mar 03 00:40:05 2003
Name: はりがや
Subject: 日本物理学会第58回年次大会
参照:
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jps/jps/bbs/meetings.html

今月3月28〜31日は,物理屋の集まりが東北大学にて
開催されます.

Id: #a20030301235444  (reply, thread)
Date: Sat Mar 01 23:54:44 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030301214459
Name: はりがや
Subject: Re: 現場に配給されない
よい物理の問題が大学入試に出されても,その紙屑問題集に
のっからないと現役高校生にはアピールされませんね.確か
にです.

ふと20年前を思い出しました.ええと,学部時代,ある塾
にてバイトしてましたが,塾長が「ときた」さんでした...
ブタネコさんと発音が同じですね... (^_^;)

Id: #a20030301214459  (reply, thread)
Date: Sat Mar 01 21:44:59 2003
Name: ブタネコ
Subject: 現場に配給されない

学習院 立教 御茶大の物理はとてもいい問題でも、高校の現場採択トップの競輪や数犬といった紙屑問題集には採択されない。
御茶は高エネ研にいたS氏の頑張り?学習院はだれ??
津田の推薦の数学も、高木 代数学講義の簡単な定理の証明なんかがあって、なかなかなんだけど、現場に配給されない。 高校教師が津田に請求すれば別だけど。
Id: #a20030301165048  (reply, thread)
Date: Sat Mar 01 16:50:48 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030301140427
Name: まきの
Subject: そうですね。

と、それだけではなんなので。

河合塾の解答は代ゼミのみたいに阿呆ではないですね。

とはいえ、出題者の意図がなんであれ、何故「英語」の問題でこんなことを聞かれないといけないんだ、、、という気もしますね。個人的には面白い試みだと思いますが。


Id: #a20030301140427  (reply, thread)
Date: Sat Mar 01 14:04:27 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030301104602
Name: たざき
Subject: 要するに

ということについては、意見の一致をみたようですね。 牧野さんは前者の可能性が高いとされ、ぼくは後者ではと疑うが、それは、ある意味でどちらでもいいことかもしれない。

ぼくたちのところでは、入試問題を作るときには、「受験生を不必要に悩ませない」ということに相当に気を使います。 出題の意図がはっきりしている場合は、なるべくそれを明確に気づかせるように努力します。 また、仮に××について進んだ知識をもった受験生がこの問題を見たとき○○と勘ぐって考えすぎてしまわないだろうか、みたいなことを延々と議論して対策を練ったりします。 たいていは、採点してみると、取り越し苦労だったと気づくのですが。


Id: #a20030301104602  (reply, thread)
Date: Sat Mar 01 10:46:02 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030301005707
Name: まきの
Subject: そうですか?

私は問題を見た瞬間に、「グラフ2枚から因果関係があるとか間抜けなことを書いたら点を引く気かなあ?」と思ったので、田崎さんの意見にはほとんど同意できないです。

まあ、陰険な問題だとは思いますが。


Id: #a20030301005707  (reply, thread)
Date: Sat Mar 01 00:57:07 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030301001731
Name: たざき
Subject: 確かに、わからない

出題者の意図を勘ぐっても決して正解はでないから、不毛かもしれない。

でも、もし出題者がきちんと理解していたとすると、この問題の出し方は陰険ですね。 何を求めているかについてのヒントのかけらさえない。

予備校の模範解答からもわかるように、相当に「知的な」人でも、ここから二酸化炭素と温暖化の因果関係を読みとるという解答をしがちなのは明らか。

すると、正しい認識をもっている受験生は、きわめて厳しい選択を迫られることになる。 大して何もわからないという正解を書くと、ひねくれた変な奴だと思われて減点されるかもしれない。 通常の解釈を述べて、なおかつそれを批判するのも不可能ではないかも知れないけれど、よほど英語力がないと、それもつらい。 どうしよう、やっぱり、アホだけどいかにもありそうな答えを書くべきか、と悩むでしょう。

もし、ぼくが書いたような事を書かせたいと本当に思っているなら、そのことを気づかせるちょっとしたメッセージをこめるのが普通だと思いませんか? 「このグラフ二つを比較することだけでわかること」とか、くどく書くとかね。

というわけで、ぼくは、大学の方でも予備校と同じような模範解答を用意して採点しているという方に、かけますね。 100ポイントくらい。


Id: #a20030301001731  (reply, thread)
Date: Sat Mar 01 00:17:31 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030228224830
Name: まきの
Subject: 東大英語2A

うーん、代ゼミの解答は確かに阿呆だと思うのですが、だから出題者の意図も同様に阿呆であろうと推測するのは根拠が薄いと思います。田崎さんのように答えて欲しかったのかもしれないし。
Id: #a20030228230041  (reply, thread)
Date: Fri Feb 28 23:00:41 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030228225336
Name: はりがや
Subject: 訂正
先の記事にて,首都圏の公立高校の問題へのリンクは,
http://www.tokyo-np.co.jp/03_k-shiken/
に訂正します.

栃木公立高校に関して,あるMLに紹介した後に先の
記事を書いたもので,冷や汗でした...

Id: #a20030228225336  (reply, thread)
Date: Fri Feb 28 22:53:36 2003
In-Reply-To: a0080.html#a20030223133901
Name: はりがや
Subject: Re: 新しい科学の教科書
すでに I と II を購入しました.中学校指導要領の減量化のさなかで,
このくらいは中等教育段階の前期にてやってほしいものです.思考力
養成のためには,ゆとり教育の名目のもとに,内容を削減してしまっ
ては逆効果であると思います.

2003年2〜3月に掛けて実施される,公立高校入試...
以下は,首都圏の問題です:
http://www.tokyo-np.co.jp/03_k-shiken/tcg/tcg_main.html
理科だって,計算問題は激減だし,記号で選ぶ問題とか,定性的記述
を求める問題等のオンパレードです.

数学では,空間図形の線分の長さをxとしたとき,xの満たす2次方
程式が,x^2 - 6x + □ = 0 として,□ を埋める問題などが,日本の
首都にて出されております.解の公式を使わないまでも,平方完成し
ても解けるのですが,解 x = ... のオチを要求しなかったようです.

-- http://staff.aist.go.jp/k.harigaya/

Id: #a20030228224830  (reply, thread)
Date: Fri Feb 28 22:48:30 2003
Name: 田崎晴明
Subject: ニセ科学というわけではないが

大学入試問題をほめたり、つっこんだりするのが流行のようで、流行に乗るのはイマイチかとも思うのですが、今朝方新聞を開いて、ついみつけてしまったのが、この英語の問題の(A)

この二つを見比べても、ともに時間とともに増加しているということしか言えないでしょうに。 (傾きの相関さえあまりない。) よく似た時間依存をする二つの量の間に盲目的に因果関係があるぞと思ってしまうというのは、別に、科学的素養に欠けるとかそういう話じゃなくて、なんか根本的に考え方がいいかげんなだけだという気がする。

もちろん、これは英語のテストだから、推論が正当かどうかじゃなくて、英語がちゃんと書けているかどうかを見るのだ、という意見もあるだろうけれど、ともかく、この問題を出した人たちは、時事的な問題について科学的考察を要求しつつ英語の力をみる良問だと信じて疑っていなかったのだろうと思うと、なんか非常に力が抜けてしまう。


Id: #a20030228183630  (reply, thread)
Date: Fri Feb 28 18:36:30 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030228104804
Name: きくちまこと
Subject: 水はなんでも知っている

参考文献にtypoは痛恨(^^;
現物を横に積んで書いたのに。もっとも、最初に書いたバージョンでは、「奇妙な論理」が絶版のままだったりしたので、それでも改善はしてるのですが。

TOSSについては実態をよくわかっていないのですが、向山洋一氏の思想が強く反映していて、単なる「教育方法の研究」ではないことは明らかですね。たとえば原発推進をTOSS全体の方針としている節がある。
でも、そうだからといって、EMやら波動(「水からの伝言」)やらを道徳教育や環境教育に忍び込ませていっては、理科の先生からの反発は必至でしょう。TOSSからはいずれ理科の先生がいなくなるんじゃないかしら。

「水からの伝言」を使った道徳教育の問題ではなんらかのアクションを起こしたいので、ご意見募集

Id: #a20030228180715  (reply, thread)
Date: Fri Feb 28 18:07:15 2003
In-Reply-To: a0080.html#a20030223133901
Name: 田崎晴明
Subject: 新しい科学の教科書

すっかりタイミングを逸しましたが、我が家では、「新しい科学の教科書 I」を、妻が、発売日直後に買ってきて、私も、大学において読んだりみんなに見せたりするように一冊買いました。 ぼくが池袋のジュンク堂に買いに行ったときには、もう一人、別の人が「新しい科学の教科書 I」があるかと売り場のお姉さんに問い合わせていて、一度に二人の人が買うとは相当に売れているのだと実感しました。

中一の息子も読もうとか言うだけは言っていますが、どうなることか。 妻や私は、自分の知らないようなところをぱらぱらと読んで「ほお」とか言っているところです。

ぼくが何よりも感心したのは、百人オーダーの人が動いて一冊の本を作り上げるのが可能だということです。

個人が自己責任でじっくりと書き上げる本には、もちろん大きな価値があるわけですが、場合によっては多くの人が知恵を出し合って本を書いた方がいい場合もある。 大学の物理の教科書は(少なくとも日本では)ほとんどが個人が書くか、あるいは、何人かでばらばらに書いたものをくっつけただけのものばかり。 大学の最初の方で使う力学や電磁気学や数学の教科書くらいは、個人が書かず、高校の先生、予備校の先生、大学の先生などなどがチームを組んで読みやすいものを作ってもいいのじゃないかな、などと差巻さんたちのご本を見ながら考えていました。 (本当に個性的な本を書くなら、もちろん、個人が書いてもいい。 そういう合作物とは相補的でしょうから。 ろくに新しいところもなく、不正確で練りも甘い初等物理の教科書がおおすぎる。)

でも、やっぱり百人を束ねるためには「180 センチ、100 キロの巨体」じゃないとダメなのかな?

などと書いているうちに、すでに II もでているようなので、やっぱり完璧にタイミングを外していました。


Id: #a20030228104804  (reply, thread)
Date: Fri Feb 28 10:48:04 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030227013444
Name: Shinji Yamane
Subject: Re: 水の結晶など

> きちんとした文章じゃないけど、先日某所でしゃべった「ニセ科学」についてのレジュメを
> http://wwwacty.phys.sci.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/pseudo_resume.pdf
> に置きました。

拝見しました。批判の書はあってもこういうハンドブックは少ないので、 たいへん有用だと思いました。

typoを発見しました。
1) p.8, 参考文献 2 に書籍が2冊並んでいます。
2) 参考文献5の著者は、邦訳書ではマイクル・シャーマーになっています。
ちなみに序文はS.J.グールド。

しかし水の結晶について公教育でこんなことを教えていいのか。
TOSSについては斎藤貴男「カルト資本主義」ch.5, 「人間破壊列島」ch.6 の報道しかしらないんですが、理科教育/環境教育での子供の誘導から 本格的に道徳教育に進出したということでしょうか。 しかし子供を特定の教義(学説ですらない)に誘導して恥じないのはすごい。 中谷宇吉郎が泣いている。


Id: #a20030227132509  (reply, thread)
Date: Thu Feb 27 13:25:09 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030227013444
Name: 時田 節
Subject: 宗教だ〜

さっきまで、予算1500円の昼飯。
世間よりちょっと高い分だけで、お運びの女性も若いきれいなお母さん。
そのお母さんの娘もレプリカ美人で、ブランド12年制にいっていて、母親軍団は、現代の村社会なんだけど、20万するマイナスイオン装置が、そこで飛ぶように売れてて(現在完了進行形)、20分前に僕が受けた相談は、もっと高くてもっといいのがあるかどうか。
「水からの伝言」にも心から感動している。ヒェ〜。宗教的プラシーボで、そんな水を飲むともっと美人になるかも??
この母親軍団、8年前には、その集票能力が中西準子の理念を具体化してた革新市政打倒成功(過去完了)の中核軍団だったり、水との因縁は深い。
Id: #a20030227013444  (reply, thread)
Date: Thu Feb 27 01:34:44 2003
In-Reply-To: a0080.html#a20030212140225
Name: 菊池誠
Subject: 水の結晶など

ごぶさたしています。しかも、2週間も前の文へのコメントですが。

TOSSと水の結晶の問題は、1月に小波さんと一緒に「水からの伝言」関連のウェブサイトを検索していたときに初めて気づきました。
愕然としたのですが、僕のまわり(僕も含め)ではそれまで誰もそんなことを知らなかったことにも驚きました。なぜ、あれだけのものが「ニセ科学ウォッチャー」の注意をひかずにきたのか(いや、気づいていた人はいたのだろうけれど)。
しかも、つい先日、友人のお子さんの授業参観で、ものの見事にその授業があったそうで、どうやら静かにしかし確実に浸透しているらしい。
あれはかなり深刻な問題だと思っています。なんらかの批判文書のようなものをきちんと作る必要がある。どうしたらいいか、まだ頭の中が全然まとまっていないのだけど。

きちんとした文章じゃないけど、先日某所でしゃべった「ニセ科学」についてのレジュメを
http://wwwacty.phys.sci.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/pseudo_resume.pdf
に置きました。
でも、こんなんじゃだめだな。

Id: #a20030226155330  (reply, thread)
Date: Wed Feb 26 15:53:30 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030226135354
Name: カスカワ
Subject: SpamFilter

リファレンスありがとうございました。

日本語でベイジアンフィルタを作る場合には、ちゃんと単語分けを
しないと、効果が薄いだろうという予測はすぐにできます。
ぜひとも形態素解析をやった上で試してみてください。
だいぶ効果が上がるんじゃないかな。

ちなみに私のところへ来るSpamも圧倒的に英語のが多いのですが、
そうしたものに混じって、たまに大事なメールが英語で来ることが
あり、そうした重要なメールを見逃してしまいそうになります。

そういう状況ですので、個人的にはオリジナルの英語のフィルタだけ
あれば私は十分なんです。お騒がせしました。

                        カスカワ

Id: #a20030226135354  (reply, thread)
Date: Wed Feb 26 13:53:54 2003
In-Reply-To: a0081.html#a20030226085119
URL: http://www.shiro.dreamhost.com/scheme/
Name: Shiro
Subject: Re: 日本語での実装は?
ベイジアンスパムフィルタで日本語に対応したものでは、
Mozillaのものが今のところ一番完成度が高いでしょうか。
実験レベルも含めて、私が知っている実装は以下のものです。

- Mozilla 1.3a に実装されたもの:  文字種(漢字、カナ、ASCII等)の
  境界で切る簡単なトーカナイザを使っているようです。
  http://jt.mozilla.gr.jp/mailnews/spam.html

- Bayspamにkakasiを組込んでみる実験 (FreeBSD Press No.15の武藤武士
  さんの記事)

- Schemeによる実装:単純なbigramを使った実験。来週あたりに時間が
  取れたらkakasi, MeCab, ChaSenあたりも使ってみようかと思っています。
http://www.shiro.dreamhost.com/scheme/wiliki/wiliki.cgi?Gauche%3aSpamFilter

実装プロジェクトはもっとたくさん走っているんじゃないかと思います。
("A Plan for Spam" はプログラマなら思わず実装してみたくなるような、
ツボを突いてくる記事ですよね)。
他に御存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。

Id: #a20030226085119  (reply, thread)
Date: Wed Feb 26 08:51:19 2003
In-Reply-To: a0080.html#a20030220155757
Name: カスカワ
Subject: 日本語での実装は?

初めて書きこみを致します。かつて東北大学数学科に所属していたカスカワと
申します。

日本語対応するには、長尾研の日本語形態素解析フィルタ「茶筅」を通せば、
同じ流儀で対処できそうです。日本語対応版のフィルタが出来たら嬉しい人は
どの位いるでしょうか?
ただ、茶筅そのものが相当重たい処理が必要なようですので、サーバなどで
実時間的にサービスするためには負荷が相当掛かるでしょうけど。
まだ誰も手を挙げていないようなら「いいだしっぺ」の法則で私がやりますが。

Id: #a20030225053919  (reply, thread)
Date: Tue Feb 25 05:39:19 2003
In-Reply-To: a0080.html#a20030223133901
URL: NCA00201@nifty.ne.jp
Name: BUNTEN
Subject: 誤植了解
>#BUNTENさん、1巻初刷りのホウ酸はホウ素の誤植です。(^^;

了解(^_^)。幸か不幸か息子が目を通す前だったので修正しときました。

Id: #a20030224152353  (reply, thread)
Date: Mon Feb 24 15:23:53 2003
In-Reply-To: a0080.html#a20030223133053
URL: samaki@ipc.kit.ac.jp
Name: 左巻健男
Subject: ACMπウォーターのサンプル要求の文面紹介
 ACM及び京洋興業への「πウォーター」サンプル要求は拒絶されたの
ですが、その要求の書面の部分を公開しておきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 時事通信社には、次の段階として、通知人の製造・販売する
「Valentino Rudy πウォーター活水器」により処理された水がπウォー
ターの性質をもつことを検証して、その結果をふまえて、通知人や関係の
研究者たちにも取材して各新聞社に配信するよう要請します。
 そのために、通知人からの商品「Valentino Rudy πウォーター活水
器」によって処理された試験サンプルの提供を要求します。なお、実際の
該当商品の使用者によって提供された試験サンプルについても調べる所存
です。恐縮でございますが、本返答書到達の日から起算して10日以内に、
サンプルの提供をお願いいたします。
 このことは、商品「Valentino Rudy πウォーター活水器」について絶
対的自信をもっているならば、通知人にとって良い結果が出ることになろ
うかと考えます。
 私は、商品「Valentino Rudy πウォーター活水器」によって処理され
た水がπウオーターの生みの親である山下昭治氏の述べるπウォーターの特
徴をもった水ならば、科学的事実にしたがって現在の私の考えを改めま
す。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ACM及び京洋興業からの要求の大前提は「πウォーター」と称してい
るのが本当に山下昭治氏いうところの「πウォーター」であること(たと
えば、非イオン化性、水分子が密に構造化されて密度が大きいなど)で
す。
 自信があるならサンプルを送るべきだとぼくは考えます。実は「πウォ
ーター」かどうか調べられたらまずいということなら拒絶したほうがいい
でしょうが。
 「科学的事実にしたがって現在の私の考えを改めます。」と言っている
のに拒絶とは普通の人には理解できないでしょう。

 最近、来月に迫った世界水フォーラム関係の取材が多くなりました。
 某大手新聞、某大手テレビ、雑誌などに応対しています。
 いかに「水」に興味が持たれているかですね。
 「水」環境問題は、ちょうど専門の科学教育と環境教育の重なる部
分です。
 


Id: #a20030224144110  (reply, thread)
Date: Mon Feb 24 14:41:10 2003
URL: http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/siroukun
Name: しろうくん
Subject: 「“地球シミュレーター”で未来の環境を予測する」
昨日、再放送でやっと見れたNHK教育テレビの以下の番組には、
たいへん感動しました。
まあ、ベクトル処理型のスパコンを並列で、大規模にたくさんつなげれば、
当然、それなりに高速処理ができるわけで(アタリマエのことですが)、
それにしても僕は、ムチャクチャ感動!!しました。
そもそも、こんな施設の構想があったことすら、僕は全く知りませんでしたので、
昨日の番組には、ただただ「圧倒」!されっぱなしでした。
あの施設のHPの中の解説では満足できなかったので、
昨日の番組を見て、まさに「百聞は一見に如かず」で、
番組で出てきた「仮想地球」のシミュレ−ション画像には、感動のあまり「鳥肌」が立ちました。
マジで、心底からマイリマシタ。。。

★2/23(日)15:00〜15:45 NHK教育テレビ「ETVスペシャル」再放送♪
 去年、ヨーロッパでは大洪水、アメリカでは干ばつと異常気象が続き、大きな被害を出した。
これは、エルニーニョ現象や地球温暖化といった環境変動が一因といわれている。
 従来の方法では、地球規模の環境の変化や、気象予測をすることが大変困難な時代となった。
そこで開発されたのが「地球シミュレーター」である。
 国家プロジェクトとして去年2月に完成した「地球シミュレーター」は、
スーパーコンピューター5120台を駆使して作り上げた『仮想地球』である。
 世界最高速のコンピューターが、台風や異常気象、地震にいたるまで、
これまでにない正確さと迅速さで予測しようとしている。
 「地球シミュレーター」が、複雑に絡み合って生じる地球の気象を予測する過程をつぶさに見ていくと、
いかに地球環境が微妙なバランスの上に成り立っていたのかを知ることができる。
 番組では、バーチャルセット上にシミュレーション結果を描き、地球環境の把握と予測研究の最前線に迫る。
[ゲスト] 小柳義夫 (東京大学大学院教授)
[司 会] 中森友香 (タレント)、高市佳明 アナウンサー 

≪2月8日の「再放送」≫

*関連HP
http://www.es.jamstec.go.jp/
http://www.jamstec.go.jp/frsgc/jp/
http://www.es.jamstec.go.jp/esc/jp/index.html

p.s. 
欲張りな希望ですが、「新しい科学の教科書」は、斬新な「現代科学入門書」としても扱えように、
今後さらに分厚くして“濃厚な内容”!になってほしいです…。

1つ前の記録:黒木のなんでも掲示板 (0080)


管理者: 黒木 玄  <kuroki@math.tohoku.ac.jp>  (Web Site)
CGI_Board 0.71