このページは黒木玄個人の責任で維持しております。
クレームその他は黒木個人におよせください。


English version他のスタッフ東北大学大学院理学研究科数学専攻

ホーム規範知の欺瞞運営のヒント推奨文献最近のおすすめ掲示板

黒木玄のウェブサイト

最近のおすすめ

目次:更新記録数学の学び方掲示板私関係色々な情報連絡先

リンクして下さる方の心理的負担を減らすために、言うまでもないことをあえて述べておきます。このウェブサイトの任意のページに無断で自由にリンクして構いません。ただし、「明らかにこれは“裏ページ”だな」と感じた場合は、目立たないようにリンクして下さると助かります。同様に、 URL の紹介も自由にして下さい。ただし、同様に「明らかにこれは“裏ページ”だな」と感じた場合は目立たないように紹介して下さると嬉しく思います。以上の原則は雑誌やテレビなどのメディアにおいても同様です。筆者の著作権とプライバシーに留意した上で、あらゆる場所で無断で自由に紹介して下さい。

現在更新中のページ

現在更新中なのは実質的に次のページだけ。


更新記録

2011年7月19日 学生の方が書いた修論などのLaTeXコードでの失敗例をまとめることによって作成した「日本語 LaTeX を使うときに注意するべきこと」を公開しました。

2011年3月18日 サーバーが復活しました。しかし一度棚から落ちたサーバーなので信頼性は低いそうです。

ウェブ

ツイッター

2011年3月10日 MathJax v1.1 が出ていました。 MathJax CDN を使えば自前のサーバー上に MathJax をアップロードする必要が無くなくなりました! MathJax の詳しい説明に関しては「MathJaxの使い方」を見て下さい。

3月16日からネットワークの入れ替えがあるのでここにアクセスできなくなるはずです。3月24日にはアクセスできるようになると思います。MathJaxの使い方」は学外に置いてあるのでこの期間のあいだもアクセスできます。

2011年3月9日 布教のために無料レンタルブログでも MathJax が使えることを示しておきます。

個人的に MathSciNet (世界最大の数学論文データベース、Examples: 1, 2, 3) などがのきなみ MathJax を採用したことは大きいと思っています。 MathJax はこれからのウェブでの数式表示の標準になって行く可能性が極めて高いです。

ひとつだけ問題があって Microsoft Internet Explorer 8 (IE8) での MathJax の動作が極めて遅い。 IE8 での MathJax の動作は他のブラウザの10倍以上遅いようです。 数式が好きな人で現在 IE8 を使用中の人は Microsoft 社に IE8 の改善を強く要求するか、他のブラウザに乗り換えた方が良いと思います。

2011年3月8日 リアルタイムで MathJax による LaTeX のコードのタイプセッティングの様子を眺めることができるページ Live Preview of MathJax Type Setting を作成した。 MathOverflow でも同じような感じのリアルタイムプレビューが可能になっています。

さらに MathJax を使った HTML ファイルの簡単な例を以下に置いておきました。

これらのファイルの中身をまねれば誰でも MathJax を使って数式入りの HTML ファイルを作れます。 前者はヘッダーで後者はボディーで MathJax を読みこんでいます。 ヘッダーはいじれないがヘッダーより下の部分をいじれるブログを利用している人にとって後者の方法が役に立つかもしれません。

ついでに kikulog などで使われている ppBlog への MathJax 対応差分ファイルも作ってみました。 MathJax 関係以外の変更も差分ファイルに含まれているので注意して下さい。 差分ファイルを見ればどこをどう変更すれば MathJax 対応にできるかがわかると思います。 ppBlog の良いところは記事やコメント入力のプレビュー機能が便利なことです。 LaTeX のコードで複雑な数式を入力する場合にはプレビュー機能が充実していないと困ります。 Installing MathJax in WordPress も試してみましたが、プレビュー機能を充実させようとするとおそらく別に何か (プラグインの類) を入れないといけません。 (もしくは自前でスクリプトを用意しなければいけない。) ppBlog ならば最初から十分満足できるプレビュー機能がついています。

2011年3月2日 「LaTeXで書かれた文書」に MathJax HTML 版の「量子 dilogarithm 恒等式の作り方―― G2 型量子 dilogarithm 恒等式を例に使った説明」を追加した。

数式は LaTeX のコードで書かれており, MathJax を用いて数式に自動変換されるようにしてある. 数式がうまく表示されない場合には「STIXフォントをインストールする」「最新版のブラウザを使う」のどちらかを試してみよ. これを書いている時点ではブラウザとして ChromePlus または (無印) Chrome を使うのがおそらく最も簡単な解決策である. Windows を使っている場合にはフォントを次のようにインストールする: (1) STIXフォントのZIPファイルをダウンロード, (2) ダウンロードしたZIPファイルを展開, (3) 展開結果の Fonts フォルダの中身をコントロールパネル→フォントの中にドラッグ&ドロップする. 数式をブラウザで表示したい人はSTIXフォントをOSにインストールしておいた方が良い. STIXフォントGmailTeX などでも必要になる.

ブラウザで数式を表示するための環境がかなり整って来ましたね。誰か日本版の MathOverflow のような数式を自由に使える掲示板を運営しませんかね?

2010年11月29日 「LaTeXで書かれた文書」に LaTeX では書かれていないが、「かけ算の式の順序にこだわってバツを付ける教え方は止めるべきである」というタイトルのテキストファイルを追加した。教科書の教師用指導書にまでバツを付ける方が正しいかのような記述があるらしく、本当に困ったものだと思います。

2010年6月9日 「LaTeXで書かれた文書」を更新。すでに公開してあった文書についてコメントを追加した。

2010年4月13日 「岡田靖さんの掲示板での発言のリスト」を追加。言葉が出て来ません。

2009年8月1日 「LaTeXで書かれた文書」に今年(2009年)の「オープンキャンパス」の問題を追加した。今年の問題は次の通り:

素数 12377 に対して 1/12377 を小数で表示するとき、その小数点以下第 6193 桁目の数字は何になるか?

もちろんコンピューターを使うのは反則。実は平方剰余の相互法則 (quadratic reciprocity) を使って導かれる素数分の1の循環小数に関するある法則 (問題用紙のヒントの法則(3)) を使うと暗算で答を出すことができます。数学に自信のある人は自分で考えてみて下さい。一般に p を 2 と 5 以外の素数とし、 1/p を循環小数で表わすとき、小さな n に対してその小数点以下第 (p-1)/2+n 桁目の数字は容易に計算できます。

2008年9月20日 7年ぶりに更新!!!LaTeXで書かれた文書」を公開。未公開のノートなどが公開されている。書きかけの「用語集」も公開。今年の数学科オープンキャンパスの数学クイズの黒板の様子も公開。ここ7年で色々ありました。結婚しました。現在約10ヶ月の娘を育てています。

最近のおすすめ

2001年9月21日 「現代の戦争の姿」を公開。「米国同時テロ後の世界」からリンクされているパキスタンの物理学者ペルベース・フッドボーイによる「暗黒の火曜日:イスラマバードから」は必読。

2001年8月24日 「私が好ましいと考える規範」を作成した。

2001年8月23日 「暗闇への跳躍クルーグマンによる日本の経済政策批判」を「推奨文献」から別ファイルに分離した。

2001年5月17日 最近のおすすめとこのサイトを理解するために役に立つ「推奨文献」を作成した。

2001年5月15日 「ウェブサイト運営のためのヒント」のページを作成した。

2001年4月22日 「中西準子の環境リスク論」のページを作成した。

2001年4月18日 新学期なので「数学の学び方に関する常識」の節をこのページに設けた。

2001年4月5日 2001年の April Fool のネタ。ただし、様々な数学が奥深いところで繋がっていることがよくあるというのは本当の話です。

2000年10月25日 「少年凶悪犯罪は深刻化したか?」を追加した。テキトーに作ったリンク集だが公開。

2000年10月24日 「一人一人が取り組む人間性教育の具体策占い」を追加した。明るい日本の未来のための占いです。教育改革国民会議 (議事概要など) におけるとある会議の委員発言の概要が素晴しいのだ。あまりにも低レベルなので何度見ても笑えるのですが、現実の教育行政への影響が怖い。

2000年10月8日 「新学習指導要領実施中止に賛成な理由」を追加した。新学習指導要領の内容を実際に調べてみると相当にひどい内容であることがわかる。

2000年8月10日 『「知」の欺瞞』関連情報を追加した。

昔の更新記録


私に関係すること


数学の学び方に関する常識


掲示板

掲示板は停止中です。

「黒木のなんでも掲示板」など幾つかの電子掲示板を運営しています。初めて記事を投稿される方は、自分の趣味やウェブサイトを紹介することなどによって、簡単に自己紹介をするようお願い致します (注意: E-mail アドレスを示すだけでは自己紹介とみなされない)。特に議論に参加する場合はできるだけ詳しく自己紹介をして下さい。話題はなんでも可ですが、利用上の注意をよく読んで「匿名」での批判の禁止「先生」の使用禁止のルールに従うようにして下さい。

関連のページ


色々な情報


連絡先

氏名:黒木 玄
所属:東北大学大学院理学研究科数学専攻
住所:〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉
ファクシミリ:022-217-6400
電子メール:kuroki@math.tohoku.ac.jp