ホーム規範知の欺瞞運営のヒント最近のおすすめ掲示板

推奨文献

このサイトの管理人おすすめの読み物リスト

黒木 玄

2002年5月20日 経済の節に「スティグリッツによる日本経済再生の処方箋」を追加
2002年3月21日 教育の節に広田照幸の発言の抜粋を追加
2002年3月3日 教育の節に新美の「教育改革の社会経済学的分析」を追加
2002年2月8日 物理学の節に『エレガントな宇宙』を追加
2002年2月2日 クルーグマンの節に『恐慌の罠』を追加
2001年12月24日 経済の節に岩田規久男著『デフレの経済学』を追加
2001年12月13日 経済の節にブランシャールの著書を追加
2001年10月31日 経済の節にスティグリッツの著書を追加
2001年10月13日 経済の節に「GDP・景気・経済 SITE」へのリンクを追加
2001年9月21日 経済の節に岩田規久男の著書を追加した。
2001年8月23日 「暗闇への跳躍クルーグマンによる日本の経済政策批判」を分離
2001年8月21日 経済の節に「経済を子守りしてみると。」を追加
2001年8月18日 経済の節に「クルーグマンによる日本の経済政策批判」を追加
2001年8月6日 数学の節に鈴木クニエウェブサイトへのリンクを追加
2001年7月31日 教育の節に江沢洋の『理科が危ない』を追加
2001年7月27日 教育の節を追加
2001年7月17日 『数学ビギナーズマニュアル』を追加
2001年5月17日 作成


目次:教育経済戦争「知」の欺瞞科学哲学倫理学悪質なカルトの問題トンデモ進化言語自閉環境学物理学論理学数学


 しかし、私は自然科学を商売にしていますが、考えてみますと、この科学の基本には、やはり、物ごとを詮索したいという気持があります。「好奇心」について、英語の辞書を引いてみましたら、もう少しいい意味がみつかりました。つまり、「精密あるいは精緻を好む」という意味もあるらしいのです。これは「いい加減なことではなかなか満足しない」ということです。

(朝永振一郎「好奇心について」より、『科学者の自由な楽園』岩波文庫緑152-2)


教育

経済

戦争

現代の戦争の姿は大幅に変化してしまっている。

「知」の欺瞞

科学哲学

倫理学

悪質なカルトの問題

トンデモ

進化

言語

自閉

環境学

物理学

論理学

数学


2001年5月19日 全部買うと幾らになりますかね? ここに挙げてある本はどれも読む価値があるものばかりです。そして、様々なことを考えるための基礎になるはず。自分の知っている本の中から見繕ってみて、自分自身が一般向けにどういう本があるかをあまり知らないことと一般向けの本の選択の難しさを実感してしまいました。特に、物理学・論理学・数学の部分が悩ましかった。ここに挙げてある本以外にも紹介したい本があります (特に人文社会科学系の本)。それらをどのように読んだら面白いか (もしくは害がないか) について詳しく説明しなければいけないような感じがしたので、ひとまず省略することにしてしまいました。おすすめできない本のリストもあった方が良いですかね? 皆さんの御想像通り、大量にあります。